行き詰ったら動いてみる

◆◆◆◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◆◆◆  【チームビルディングマガジン】 vol.124
◆◆◆   http://www.teambuildingjapan.com/
◆◆                            2012.4.26
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

チームビルディングジャパン せたすみえ です。

いつもチームビルディング・マガジンをお読みくださり、
ありがとうございます。

(はじめましての方は、はじめまして*^-^*)

今回のテーマは、

【 行き詰ったら動いてみる 】 です。

「自分が頑張って腹を開いても相手がかたくなで開いてくれない。
その原因が何なのかもわからない」

「相手が何を不安に思っているのか、
相手に何が見えないのかが、さっぱりわからない」

といった、どうにもならない状況に陥ったら、
どうされますか?

今回の河村甚の連載コラム『 チームビルディング・ノート 』は、

“このように行き詰ってしまったら、
共有を待ってはダメ!「とにかく動く」を実践してみよう!”

というご提案です。

詳しくは、

〔 行き詰ったら動いてみる 〕
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/b0ipqvu0wjad7kzgyhAej

をご覧ください。

では、本編スタートです。

——-INDEX————————————————————

【1】 河村甚の連載コラム『 チームビルディング・ノート 』

【2】『 お知らせ 』

【3】『 編集後記 』

————————————————————————

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■【1】 河村甚の連載コラム『 チームビルディング・ノート 』
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〔 行き詰ったら動いてみる 〕

お互いの誤解や性格の違いなどがチームの円滑なコミュニケーションの障害と
なっているケースがあります。「違い」というのは上手く活かせばチームの強
みになるものなので、多くの場合チームビルディングではこの誤解や違いをオ
ープンに出し合って、下心も表に出す共有を行ってゆきます。

しかし、対話による共有に時間がかかりすぎたり、ヘタをするとさらに関係が
こじれてしまうというような事も起こり得ます。ちょっと下心も表に出すよう
なアプローチはうまく行かなそうだという時に、ただ上辺の綺麗事だけで終わ
らせれば良いかといえばそうは行きません。

こんな時どこからチームビルディングに手を付けてゆけば良いのでしょうか?

▼本文はこちら
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/b0iprvu0wjad7kzgyhVBO

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■【2】 『 お知らせ 』
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
第55回 チームビルディング・カフェ を開催します

【 チーム・クッキング 】
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/b0ipsvu0wjad7kzgyh1jw
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

4月は、チームビルディングジャパン近藤が担当します。

今回のチームビルディング・カフェは【 チームクッキング 】です。
みなさまのお越しをお待ちしております。

以下、近藤からのメッセージです。
…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…
4月のチームビルディングカフェは…チームビルディングジャパンのプログ
ラム「チームクッキング」をやってみよう!

チームクッキングは、毎日だれもがしている「食」がテーマです。食事づく
りを通じて楽しくコミュニケーションを取りながら、そこで起こったことを
考えます。

チームクッキングでは、短い時間で、限られた食材で、料理を完成させるこ
とが求められます。その制約の中でおいしい食事をつくるには普段の調理と
は異なった「工夫」と「チームワーク」が必要です。全員で力を合わせて、
おいしいランチをつくりましょう。

チームビルディングに興味のある方も、クッキングに興味がある方も、料理
が得意でも苦手でも土曜日のひとときを楽しく過ごしましょう。

今回は室内ですが、「アウトドア・チームクッキング」をご参照ください。
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/b0iptvu0wjad7kzgyhhaj
…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…

【開催日時】2012年 4月28日(土) 10:30~15:00(開場 10:15)
※弊社は9:00~会場作りをしています。
準備からお手伝い頂ける方を募集中です。
【参 加 費】2500円 ※食材費と会場費に充てさせて頂きます。
【定  員】20名
【会  場】目黒区青少年プラザ (5階 調理室)
所在地 目黒区中目黒二丁目10番13号 中目黒スクエア内
東急東横線・東京メトロ日比谷線 中目黒駅下車 徒歩10分
東急バス「東京共済病院前」下車 徒歩2分、
東急バス「正覚寺前」下車 徒歩8分
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/b0ipuvu0wjad7kzgyhAhA

※いつもの大崎のカフェではありません。

▼いつも申し込みそびれてしまうという方へ
(約3週間前にお知らせメールを受け取ることができます)
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/b0ipvvu0wjad7kzgyh6R1
▼これまでチームビルディング・カフェに参加された方の
コメントはこちら(アカウント無しでも閲覧できます)
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/b0ipwvu0wjad7kzgyhfAz
※コメントを書き込む場合は、
facebookのアカウントが必要になります。この機会にぜひご登録を☆
※申し込みにはfacebookアカウントは必要はありません。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
ブログを更新しました
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

====================
【スタッフサークル!】スタッフブログ
====================
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/b0ipxvu0wjad7kzgyhdOy

▼ 昼間から水遊び(poso:写真あり)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
仕事中ですが、水遊びをしてしまいました。 いぇ 遊んでません。無人島
プログラムで使う実験です。
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/b0ipyvu0wjad7kzgyhRiH

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■【3】 『 編集後記 』
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

再び せたすみえ です。

今回の『 チームビルディング・ノート 』では

「自分が頑張って腹を開いても相手がかたくなで開いてくれない。
その原因が何なのかもわからない」

「相手が何を不安に思っているのか、
相手に何が見えないのかが、さっぱりわからない」

お互いの誤解や性格の違いなどによって、
チームとして行き詰まってしまったときにどうするか、
ということについて取り上げました。

「対話による共有に行き詰まったときには、とにかく動いてみよう」

という河村のご提案でした。

たしかに、分からないながらもとにかく協働していくことによって
共有できてくることもありますよね。

◆さて、編集後記では、
———————————————————————
「違い」というのは上手く活かせばチームの強みになるものなので、
多くの場合チームビルディングではこの誤解や違いをオープンに出し合って、
【下心】も表に出す共有を行ってゆきます。
———————————————————————
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/b0ipzvu0wjad7kzgyhF7C

ここに出てきた【下心】の共有について、
取りあげてみようと思います。

◆チームビルディングでは
【下心】も表に出す共有を行うとありますが、

この【下心】(シタゴコロ)、

辞書で引いてみると、
———————————————————————
1)心の奥深く思っていること。心底。本心。

2)心に隠しているたくらみごと。
「親切にしてくれるのは―があってのことだ」
———————————————————————
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/b0ip0vu0wjad7kzgzhnZD

とあります。

これを共有するというのは、意外と難しいものですよね。

「【下心】をさらけだしても安全な場だとは思えない。
とてもこちら側の【下心】なんて言えないよ。」

「【下心】と聞かれても、別に【下心】なんて無いよ。
伝えた通り、そのまんまなんだけどなぁ。
いったい相手は何が聞きたいんだろう?」

「【下心】を伝えているつもりなのに、相手が解ってくれない。
なんで伝わらないんだろう。」

……という声が聞こえてきそうです。

◆これらを解決するために、

○少人数で話す
○当事者同士で話す

などの策が考えられますが、

加えて、わたしが必要を感じているのが、

○【通訳】をおく、ということです。

◆当事者同士が向き合って話をすれば、伝わりそうなものですが、
現実的にはそうではない場面はしばしばありますよね。

協働していく中では、
“言葉”を通して考えたり、表現したりすることが欠かせませんが、

その“言葉”を(日本語だとしても、)
同じイメージで捉えているとは限りません。

当事者同士が腹を割って話し合っているのに
なぜかかみ合わない、というときには、

両方の“言葉”の背景を汲み取って、
翻訳しながら伝えることができる【通訳】の存在が
必要になるのです。

◆誠意を持って向き合ってみても、
なぜか話がうまくかみ合わない。

そんなときには、

質問を重ねながら、
本人が自分の本当の思いに気付くためのサポートをしたり、

発言を引き出して、その発言を
共有できる言葉に翻訳したり、

何より先ず、メンバーが心を開いて話し合いたくなるような
雰囲気の場をつくることができる。

そんな人に、 間に入ってもらうのも、
一つの手ではないでしょうか。

今号もお読みいただきありがとうございました。

▼ご感想・ご意見等はこちらまで
tbj@teambuildingjapan.com

次回は 2012年 5月10日 にお届けします。

…─…─…─…─…─…─…─…─…──…─…─…─…─…─…─…─…─…
【 転送自由 】メルマガの内容がお役に立てそうな方がいらっしゃいましたら
ぜひ転送して差し上げてください。
————————————————————————
【 転載自由 】「チームビルディングジャパンによると…」と出典を明らかに
してくださいますようお願いいたします。
————————————————————————
▼【 バックナンバー 】
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/b0ip1vu0wjad7kzgzhskT
————————————————————————
▼【 読者登録 】【 配信先変更 】【 (とても残念ですが)配信停止 】
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/b0ip2vu0wjad7kzgzhKy6
…─…─…─…─…─…─…─…─…──…─…─…─…─…─…─…─…─…

Copyright(c) 2012 Team Building Japan Co., Ltd. All rights reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行元 (株)チームビルディングジャパン
http://www.teambuildingjapan.com/

〒141-0031 東京都品川区西五反田2-11-15 五反田壱番館903
Tel. 03-6431-9237   Fax. 03-6431-9249

代 表 取 締 役  河 村 甚
メルマガ編集長  瀬田すみ恵
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

当たり前のことをしただけです

◆◆◆◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◆◆◆  【チームビルディングマガジン】 vol.123
◆◆◆   http://www.teambuildingjapan.com/
◆◆                            2012.4.12
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

チームビルディングジャパン せたすみえ です。

いつもチームビルディング・マガジンをお読みくださり、
ありがとうございます。

(はじめましての方は、はじめまして*^-^*)

今回のテーマは、

【 当たり前のことをしただけ 】 です。

“自分ではない誰か”に変身して、
ヒーローになろうとするのではなく、

“自分たちらしさ”を貫いて、当たり前のことをしているだけで
ヒーローが生まれる組織について考えていきます。

素晴らしいチームは、

「自分たちは何者であるか」

を理解しているものであり、

その理解に基づいて考え、行動することが
彼らにとっての当たり前のことであり、

当たり前のことを貫き通した結果、ヒーローが生まれる
といいます。

詳しくは、河村甚の連載コラム『 チームビルディング・ノート 』
〔 当たり前のことをしただけです 〕
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/b0v3utu0wjbj4twgxlX4H
をご覧ください。

では、本編スタートです。

——-INDEX————————————————————

【1】 河村甚の連載コラム『 チームビルディング・ノート 』

【2】『 お知らせ 』

【3】『 編集後記 』

————————————————————————

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■【1】 河村甚の連載コラム『 チームビルディング・ノート 』
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〔 当たり前のことをしただけです 〕

素晴らしい行いをした人、ヒーローにインタビューをして「ただ当たり前のこ
と事をしただけです」と言うのを聞いたことがありませんか?それはただの謙
遜であったり、格好つけようとしているだけの場合もあるかもしれませんが、
雲の上の人に見えるヒーローも実は本当にただ当たり前のことをしていただけ
の結果ということがあります。それは個人でも、チームでも同じです。ただ自
分たちが成すべき事を成した結果、ヒーローになっている人たちがいます。
無理に自分ではない誰か別人になろうとするのではなく、自分らしく、当たり
前のことを貫いてヒーローになった人たちについて考えてみましょう。

▼本文はこちら
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/b0v3vtu0wjbj4twgxlJRN

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■【2】 『 お知らせ 』
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
第55回 チームビルディング・カフェ を開催します

【 チーム・クッキング 】
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/b0v3wtu0wjbj4twgxlvhC
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

4月は、チームビルディングジャパン近藤が担当します。

今回のチームビルディング・カフェは【 チームクッキング 】です。
みなさまのお越しをお待ちしております。

以下、近藤からのメッセージです。
…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…
4月のチームビルディングカフェは…チームビルディングジャパンのプログ
ラム「チームクッキング」をやってみよう!

チームクッキングは、毎日だれもがしている「食」がテーマです。食事づく
りを通じて楽しくコミュニケーションを取りながら、そこで起こったことを
考えます。

チームクッキングでは、短い時間で、限られた食材で、料理を完成させるこ
とが求められます。その制約の中でおいしい食事をつくるには普段の調理と
は異なった「工夫」と「チームワーク」が必要です。全員で力を合わせて、
おいしいランチをつくりましょう。

チームビルディングに興味のある方も、クッキングに興味がある方も、料理
が得意でも苦手でも土曜日のひとときを楽しく過ごしましょう。

今回は室内ですが、「アウトドア・チームクッキング」をご参照ください。
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/b0v3xtu0wjbj4twgxld9z
…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…

【開催日時】2012年 4月28日(土) 10:30~15:00(開場 10:15)
※弊社は9:00~会場作りをしています。
準備からお手伝い頂ける方を募集中です。
【参 加 費】2500円 ※食材費と会場費に充てさせて頂きます。
【定  員】20名
【会  場】目黒区青少年プラザ (5階 調理室)
所在地 目黒区中目黒二丁目10番13号 中目黒スクエア内
東急東横線・東京メトロ日比谷線 中目黒駅下車 徒歩10分
東急バス「東京共済病院前」下車 徒歩2分、
東急バス「正覚寺前」下車 徒歩8分
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/b0v3ytu0wjbj4twgxlOUF

※いつもの大崎のカフェではありません。

▼いつも申し込みそびれてしまうという方へ
(約3週間前にお知らせメールを受け取ることができます)
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/b0v3ztu0wjbj4twgxl145
▼これまでチームビルディング・カフェに参加された方の
コメントはこちら(アカウント無しでも閲覧できます)
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/b0v30tu0wjbj4twgylOsB
※コメントを書き込む場合は、
facebookのアカウントが必要になります。この機会にぜひご登録を☆
※申し込みにはfacebookアカウントは必要はありません。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
ブログを更新しました
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

====================
【スタッフサークル!】スタッフブログ
====================
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/b0v31tu0wjbj4twgyln2F

▼ 浅草は楽しい所。満喫中。(写真あり)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
posoです。フォトスカベンジャーハントの浅草版の作成に来ています。
海外からの団体旅行や高校生の修学旅行でも楽しんでもらえるような
謎解きウォークラリープログラムです。じんさんがおみくじを引いて
います。
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/b0v32tu0wjbj4twgylsyn

▼浅草で遊んでます。(写真あり)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
浅草でスカハンの問題作成してます。河村パパが運悌に挑戦中です。
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/b0v33tu0wjbj4twgylSnG

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■【3】 『 編集後記 』
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

再び せたすみえ です。

今回の河村コラム『 チームビルディング・ノート 』
〔 当たり前のことをしただけです 〕は、
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/b0v34tu0wjbj4twgyl7rf
——————————————————————–
素晴らしいチームは「自分たちは何者であるか」を理解しているものです。
その理解に基づいて考え、行動することが彼らにとっての当たり前のこと
であり、当たり前のことを貫き通した結果、ヒーローが生まれるのです。
——————————————————————–

というお話でしたが、

同時に、
——————————————————————–
自分以外の誰かになろうと背伸びをしたりする事は、当然自分の成長に繋
がることで、人や組織のキャパシティを広げます。それが行動そのもので
はなく、そこから得られる対価のためだとしても当然得るものはたくさん
あります。何が自分たちの本質か分からなければ、手当り次第ジタバタ動
いてみるのも良いことだと思います。
——————————————————————–

とも言っていました。

◆我が家ではこの4月、新しい年度になって

真ん中の娘が、中学3年生に、
一番下の息子は、小学6年生になりました。

それぞれ最高学年になって、
お姉さん・お兄さんぶっている姿がほほえましく、

環境や立場が、人を成長させることを
実感しています。

◆もちろん、まだまだ未熟ではありますが、
内心ドキドキモヤモヤしながらも、とにかくやってみる。

そして、やってみたら
一旦立ち止まって、振り返ってみる。

(【やってみる】の後に、【振り返り】があるのは
重要なポイントです。
やってみることをおそれずに済むようになります。)

やってみて、うまくいったことはもちろん、
一見“失敗”と思ったさえも、
振り返ることで、経験からの学びとすることができます。

◆わたしも、4月から新しいチャレンジをし、
自分自身のまた違った一面を見ることができました。

今年度、新しいスタートを切ったみなさま、
共にがんばっていきましょう!

今号もお読みいただきありがとうございました。

▼ご感想・ご意見等はこちらまで
tbj@teambuildingjapan.com

次回は 2012年 4月26日 にお届けします。

…─…─…─…─…─…─…─…─…──…─…─…─…─…─…─…─…─…
【 転送自由 】メルマガの内容がお役に立てそうな方がいらっしゃいましたら
ぜひ転送して差し上げてください。
————————————————————————
【 転載自由 】「チームビルディングジャパンによると…」と出典を明らかに
してくださいますようお願いいたします。
————————————————————————
▼【 バックナンバー 】
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/b0v35tu0wjbj4twgylPNx
————————————————————————
▼【 読者登録 】【 配信先変更 】【 (とても残念ですが)配信停止 】
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/b0v36tu0wjbj4twgylsP2
…─…─…─…─…─…─…─…─…──…─…─…─…─…─…─…─…─…

Copyright(c) 2012 Team Building Japan Co., Ltd. All rights reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行元 (株)チームビルディングジャパン
http://www.teambuildingjapan.com/

〒141-0031 東京都品川区西五反田2-11-15 五反田壱番館903
Tel. 03-6431-9237   Fax. 03-6431-9249

代 表 取 締 役  河 村 甚
メルマガ編集長  瀬田すみ恵
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━