自分の自由は自分の責任で選択する

チームビルディングジャパン◇HPお客様の声を更新◇
キリンホールディングス株式会社様導入事例をご覧いただけます
⇒⇒⇒ http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/90br5ow0ngiapw37rg

◆◆◆◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◆◆◆  【チームビルディングマガジン】 vol.76
◆◆◆ http://www.teambuildingjapan.com/
◆◆                           2010.6.24
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは。チームビルディングジャパン せたすみえ です。
梅雨の合間の青い空が、有難く感じる季節ですね。

いつもお読みくださりありがとうございます。
はじめましての方は、はじめまして*^-^*

今回ご紹介するのは、
一見不自由に見える中で、自由を得るためのステップです。

1)まず事実を認識する。
2)そこから最善の結果に至るための複数の選択肢を見つける。
3)選択肢から自分の行動を選ぶ。
4)自分の選んだ選択肢を行動に移す。

選択肢を見つけることで、
不自由な環境にコントロールされるのではなく、
自由な意志でコントロールすることができるようになります。

詳しくは■1■『 チームづくりレシピ 』で♪
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/90br7ow0ngiapw37rg

では 本編スタートです。

——-INDEX———————————————————-

■1■ 河村甚の連載コラム『 チームづくりレシピ 』

■2■ チームビルディングファシリテーター養成講座 速報!

■3■ 講座・勉強会のご案内

■4■ 最新ブログ情報

■◇■ 編集後記

———————————————————————-

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■1■ 河村甚の連載コラム『 チームづくりレシピ 』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇◆ 自分の自由は自分の責任で選択する ◆◇

組織の中で仕事をしていれば、思うように行かない事もたくさんあります。
「全力で提案した企画が相手の理不尽な都合で却下されてしまった」「電車が
止まって大事な約束に遅れてしまった」など、自分のコントロールの範囲外で
起こる事は多々あります。組織のルールに縛られて、自由に仕事をさせてもら
えないという事も多々あります。

しかし、どんな場面でも「自分で選択をする」ということで、そこにある事実
の捉え方が変わります。単なる心の持ち方といった精神論ではなく、選択肢を
増やす事で実際に自分の意思で自由に選択できるようになります。

組織の不自由さに甘える事なく、責任を持って自由を選択することで組織全体
にも良い影響をもたらす事が出来ます。
〔↓本文はこちら↓〕
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/90br8ow0ngiapw37rg

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■2■ チームビルディングファシリテーター養成講座 速報!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇◆ FT03『難課題の運営に挑む』 ~“達成”と“リスク”~ ◆◇

こんにちは。ばんしょうです。
梅雨入りしたのか?気持ちのいい青空が恋しい季節になりました。
カレンダー上では、ほぼ今年の半分が終わろうとしていることにびっくりです。

6/12(土)チームビルディングファシリテーター養成講座
(通称:FTP)に参加しました~。今回はその内容をご報告します。
〔↓本文はこちら↓〕
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/90br9ow0ngiapw37rg

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■3■ 講座・勉強会のご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆ 7/21(水)【無料】体験型!経営者様・人材育成ご担当者様向けセミナー
◆ 7/28(水) チームビルディング勉強会

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
【無料】体験型!経営者様・人材育成ご担当者様向けセミナー

ゆとり世代への社員教育
~内定者研修から新入社員研修・メンター(先輩社員)教育まで~
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/90braow0ngiapw37rg

2010年度の新入社員研修を振り返る中で
まじめだが、受け身である「ゆとり世代」の社員に「体験型研修」が効果的で
あり、ゆとり世代を現場で指導する先輩社員へのメンター教育が必要であるこ
とも認識されるようになりました。

今度の人事担当者セミナーは、「ゆとり世代への社員教育~内定者研修から新
入社員研修・先輩社員の教育まで~」がテーマです。
チームビルディング研修で何を身につけさせるのか。どのように先輩社員を意
識づけるのか。一連の新入社員研修の流れ中で、チームビルディング研修をど
のように組み込むのが効果的なのか。
国内製薬会社から外資系金融会社まで、幅広い企業でチームビルディング研修
のファシリテーターを担当してきた吉田和美が、「ゆとり世代」への新入社員
研修での事例の紹介と育て方を伝授いたします。

ファシリテーター吉田和美のプロフィールはこちら
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/90brbow0ngiapw37rg

【セミナーの3つのポイント】
1,実際にプログラムで行うアクティビティが体験できる。
2,チームビルディング導入における効果が分かる。
3,ファシリテーターへの質問も担当者様同士の意見交換も自由。

【開催日時】2010年7月21日(水) 13:30~16:30 (開場13:00)
【定  員】20名(先着順にて定員に達し次第締め切り)
【対  象】経営者様、人材育成ご担当者様
【参 加 費】無料
【会  場】ちよだプラットフォーム5F 会議室504
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/90brcow0ngiapw37rg
〔↓詳細・お申込はこちら↓〕
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/90brdow0ngiapw37rg

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
第35回 チームビルディング勉強会
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/90breow0ngiapw37rg

◇◆ チームと責任 ◆◇

チームの仕事についての責任は誰が負うのでしょうか?リーダー?
直接担当しているメンバー?それとも全員の連帯責任?
責任の押し付け合いや誰か一人が責任を背負い込みすぎることなく、
チームがきちんと責任を負うためにはどうすれば良いのでしょうか?
対話の中で皆さんの経験を話しながら、学び合います。

【開催日時】2010年7月28日(水) 19:00~21:00
【参 加 費】3,000円(税込)
【会  場】ちよだプラットフォーム5F 会議室502
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/90brfow0ngiapw37rg
〔↓詳細・お申込はこちら↓〕
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/90brgow0ngiapw37rg
◇いつも申し込みそびれてしまうという方へ
〔↓一週間前にお知らせメールを受け取る↓〕
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/90brhow0ngiapw37rg

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■4■ 最新ブログ情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏━━━━━━━━━━━┓============================================
チームビルディング日記  社長:河村甚のプライベートブログ
┗━━━━━━━━━━━┛============================================
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/90briow0ngiapw37rg

◇ 最小不幸の社会
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
菅首相が就任時に話していた「最小不幸社会」という言葉、とてもキャッチー
で、引っかかるところもあり、考えさせられる。
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/90brjow0ngiapw37rg

◇ 結論と理由
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
結論が同じでもそこへいたる理由が違うという事がある。それでも結論が同じ
であれば合意できてしまったり、同じ考えかのように思い込んでしまうので、
相手に真意が伝わらなかったりする。
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/90brkow0ngiapw37rg

◇ 執念の帰還
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
小惑星の探査機「はやぶさ」が地球に帰ってきた。電波が途絶えて、交信でき
なくなってもあきらめなかった。知恵を絞って、広すぎる宇宙の闇の中からは
やぶさの電波を見つけて、地球に呼び戻した。
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/90brlow0ngiapw37rg

◇ ニュートラルな時間を持つ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
昨晩、近所で1時間くらい散歩に行きました。散歩だとかドライブだとかの「
何かやっているんだけれど、やっている事に意識を集中しないで良い」という
ニュートラルな時間は自分にとってとても大事。
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/90brmow0ngiapw37rg

◇ お気に入りの道具、ロール紙スタンド
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
某北欧系家具屋で見つけました。いつでも書けるワクワクツール
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/90brnow0ngiapw37rg

┏━━━━━━━━━━━┓============================================
スタッフサークル!   スタッフブログ
┗━━━━━━━━━━━┛============================================
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/90broow0ngiapw37rg

◇ 明治大学 M-Navi学生委員会のみなさんとスカハン(近藤卓也:poso)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
先日、学生にもスカハンを広めようプロジェクト(勝手に命名してみました)
として明治大学のM-Naviという委員会の学生さんに向けて、フォトスカ
ベンジャーハントをしてきました。
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/90brpow0ngiapw37rg

◇【1】メーリングリストの立ち上げ方の知恵(松澤拓矢:ハル)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
この2年間、仕事ではなく数十のボランティアイベント企画に関わってきまし
た。気がつけば数十のメーリングリストに参加して、いくつも自分で管理をし
ていたりします。集まりの中でもそのあたりが得意だったりするので、メーリ
ングリストの整備をよくやります。そこで出てくるメーリングリストの使い方
について、何回かにわけて、自分が得た経験を書き出してみたいと思います。
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/90brqow0ngiapw37rg

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■◇■ 編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■再び せたすみえです。

先日中3の娘が15歳の誕生日を迎えました。

中3といえば、わたしと夫が同級生だった頃。
娘がその歳になったなんて、なんだか感慨深いものがあります。

■その後 夫と5年間の交際を経て、子どもを授かり、

わたしは20歳・22歳・26歳で3人の子どもを産み、
子育てどっぷりの20代を過ごしました。

子どもを通じて友だちになったママ(=ママ友)からは、

「その歳で3人の子育てしてたなんてスゴいわ~。

わたしが26歳の頃は、結婚前で遊びまくってたわ~。
お金も時間も“自由”に使えたし。」

とよく言われます。

■確かに、今あの頃を振り返って考えてみると

独身時代を満喫していた友人たちと比べて
金銭的にも、時間的にも“不自由”な状態だったと思います。

でも、せっかく授かった子どもを産むこと、そして育てることは
夫と共に選んだ道だったので、

“不自由”だというよりも

「自分たちが選びたい道を“自由”に選ばせてもらって、
両親を始めとする周りの方々に支えられてきた」

という感謝の方が強いです。

これは子育てから得られる喜びや充実感が
思っていた以上に大きかったからかもしれません。

(ただ今考えると夫には申し訳ないのですが、
夫に比べてわたしの方が“不自由”だという不満は抱いていてたなー^-^;)

■自分のキャパシティを超えた問題に対しては、
複数の選択肢が考えられないこともあります。

「選択の余地が無い」と感じたときは、
周りに相談してみましょう。

「そんな選択肢もあるのか!」と視野を広げられると、
その中から自分で選択することができるようになります。

■自分で選んで、自分で責任を持つ。
自分の人生は自分で決める。

一見大変そうですが、周りのせいにするのではなく、
自分はどうしたいのか、何ができるのかという生き方を
楽しめるようになると感じています。

ご感想お待ちしています↓
sumie_seta@teambuildingjapan.com (せた直通)

次回は 2010年 7月 8日 にお届けします。
———————————————————————-
【転送自由】メルマガの内容がお役に立てそうな方がいらっしゃいましたら
ぜひ転送して差し上げてください。
【転載自由】「チームビルディングジャパンによると…」と出典を明らかに
してくださいますようお願いいたします。
【バックナンバー】をご覧になりたい方はこちら↓
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/90brrow0ngiapw37rg
【読者登録】【配信先変更】【(とても残念ですが)配信停止】
ご希望の方はこちら↓
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/90brsow0ngiapw37rg
Copyright(c) 2010 Team Building Japan Co., Ltd. All rights reserved.
———————————————————————-
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行元 (株)チームビルディングジャパン
http://www.teambuildingjapan.com/

〒141-0031 東京都品川区西五反田2-11-15 五反田壱番館903
Tel. 03-6431-9237 Fax. 03-6431-9249

代 表 取 締 役 河 村 甚
メルマガ編集長  瀬田すみ恵
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「教えること」と「学ぶこと」

チームビルディングジャパン◇HPを大幅リニューアル◇
プログラム風景を動画で見られます↓《新プログラムも公開》
⇒⇒⇒ http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/90zf9mw0ngg66l07qo
◆◆◆◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◆◆◆  【チームビルディングマガジン】 vol.75
◆◆◆ http://www.teambuildingjapan.com/
◆◆                           2010.6.10
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは。チームビルディングジャパン せたすみえ です。

いつもお読みくださりありがとうございます。
はじめましての方は、はじめまして*^-^*

「チームワーク」「リーダーシップ」等を研修で行う場合、
必要とする学びは、本来受講者ごとに異なります。

どのようにしたら各々の受講者が、自身にとって必要なことを学び、
行動の変化につなげることができるのでしょうか。

今回は、「教えること」と「学ぶこと」について
考えてみたいと思います。
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/90zfbmw0ngg66l07qo

では 本編スタートです。

——-INDEX———————————————————-

■1■ 河村甚の連載コラム『 チームづくりレシピ 』

■2■ プログラム紹介『 posoの Have it your way! 』

■3■ 講座・勉強会のご案内

■4■ 最新ブログ情報

■◇■ 編集後記

———————————————————————-

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■1■ 河村甚の連載コラム『 チームづくりレシピ 』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇◆ 「教えること」と「学ぶこと」 ◆◇

人材を育成する時には「何を教えるか」「どう教えるか」を考えます。階層別
の研修であれば「この階層の人たちはこういう問題点があって、こんな知識を
持っていてほしい。そのためにはこんな研修で・・・」と頭を悩ませます。し
かし問題は「教えたいこと」がそのまま「学ぶべきこと」にならないケースが
起こりえるということです。例えば、「リーダーシップスキルを身につける」
という研修を組む何をどう教えればリーダーシップを学べるのでしょうか?そ
の答えは一人一人違います。
〔↓本文はこちら↓〕
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/90zfcmw0ngg66l07qo

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■2■ プログラム紹介『 posoの Have it your way! 』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇◆ ホテル・会社の内覧イベント、大学のオープンキャンパスでも ◆◇

お久しぶりです!ばんちゃんのHIYW!を乗っ取ってしまったposoです。チ
ームビルディングジャパンの研修では、屋外だけではなく、ホテルのバンケッ
トもしばしば利用させていただきます。そのご縁もあり、ホテルのインスペク
ション・ツアー(内覧イベント)のためのプログラムもご提供しています。

インスペクション・ツアーというと、担当者がお客さまを先導して、各場所の
説明をして・・・というのが一般的なスタイルですよね。しかし、ご担当され
ている方からは「お客さまにあまり関心を持ってもらえなかった」「質問も出
なかったし、ただお客さまを連れ回しているだけなんだよね」といった声を聞
くことがあります。

今回は、ホテル、学校案内、展示会、会社案内等で活かせるインスペクション
・ツアー プログラムを3つのポイントでご紹介します。内覧イベントで、お
客さまに楽しんでいただきながら、施設見学をしていただくためには、どうし
たらよいのでしょうか。
〔↓本文はこちら↓〕
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/90zfdmw0ngg66l07qo

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■3■ 講座・勉強会のご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆ 7/21(水)【無料】体験型!経営者様・人材育成ご担当者様向けセミナー
◆ 6/12(土) チームビルディング ファシリテーター養成講座
◆ 6/23(水) チームビルディング勉強会

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
【無料】体験型!経営者様・人材育成ご担当者様向けセミナー
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/90zfemw0ngg66l07qo

「チームビルディングプログラムって実際どんなことをするの?」
「どんな効果が期待できる?」「実際にプログラムを体験してみたい」
という経営者様・人材育成ご担当者様向けの体験セミナーです。

【開催日時】2010年7月21日(水) 13:30~16:30
【定  員】20名(先着順にて定員に達し次第締め切り)
【対  象】経営者様、人材育成ご担当者様
【参 加 費】無料
【会  場】ちよだプラットフォーム5F 会議室504
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/90zffmw0ngg66l07qo
〔↓詳細・お申込はこちら↓〕
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/90zfgmw0ngg66l07qo

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
チームビルディング ファシリテーター養成講座
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/90zfhmw0ngg66l07qo

◇◆ 難課題の運営に挑む~“達成”と“リスク”~ ◆◇

難易度の高い問題解決型アクティビティの体験と運営にチャレンジします。実
際に起こったケガや事故の例を紹介しながら、身体面と精神面両方において安
全な場をつくるための学びを深めます。
“自分がファシリテーターになりたい!”そんなあなたにピッタリの講座です。

【開催日時】2010年 6月12日(土) 9:45~16:30(9:30受付開始)
【定  員】15名
【対  象】チームビルディングファシリテーターとして
活動したいと考えている/活動し始めた方
【受 講 料】各テーマ(講座+実践研究会)18,000円
〔↓第3テーマの詳細・お申込はこちら↓〕
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/90zfimw0ngg66l07qo
〔↓テキストはこちら『安全管理 ~体と心~ 』(PDF 2枚)↓〕
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/90zfjmw0ngg66l07qo

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
6月 チームビルディング勉強会
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/90zfkmw0ngg66l07qo

◇◆ 社内でつくる“振り返り”の場づくり ◆◇

研修やプログラム全体を通してどうだったのか?大きなプロジェクトが終わっ
た後どうだったのか?など、そこから得られた経験を次に生かすため、「振り
返り」又は「反省会」などの時間が効果的です。しかし、実際には参加者の理
解や時間の制約でこの時間が取れないこともあります。また、時間を取ったと
ころで責任のなすりつけ合いが起きたり、次につなげることが見つからなかっ
たり、効果的な振り返りができないこともあります。どのようにして、時間や
場をつくり、どんなことにフォーカスして運営すればいいのでしょうか?社内
でつくる“振り返り”の場づくりについて対話を通じて考えます。

【開催日時】2010年 6月23日(水) 19:00~21:00
【参 加 費】3,000円(税込)
【会  場】ちよだプラットフォーム5F 会議室501
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/90zflmw0ngg66l07qo
〔↓詳細・お申込はこちら↓〕
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/90zfmmw0ngg66l07qo
◇いつも申し込みそびれてしまうという方へ
〔↓一週間前にお知らせメールを受け取る↓〕
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/90zfnmw0ngg66l07qo

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■4■ 最新ブログ情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏━━━━━━━━━━━┓============================================
チームビルディング日記  社長:河村甚のプライベートブログ
┗━━━━━━━━━━━┛============================================
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/90zfomw0ngg66l07qo

◇ ホテルでもチームビルディング
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
昨日、舞浜のホテルにてちょっと変わったホテルインスペクションのお手伝い
をしました。ホテルでも企業の需要に応じてミーティング、インセンティブ関
連にここ数年特に力を入れてきているようです。「チームビルディング」につ
いても各ホテルさんから相談いただく機会も増えてきました。
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/90zfpmw0ngg66l07qo

◇ 愚直に貫きとおすことで、事は成される。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
愚直に貫きとおすことで、事は成される。先日、本当に強くそれを実感した。
いつもお世話になっているMPIジャパンの浅井会長は、何年も「会員を増や
して支部にする!」とずっと頑張って来ました。それでも会員数は目標の半分
にも満たない状態で長い間なんの変化もありませんでした。ところが……
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/90zfqmw0ngg66l07qo

◇ ひと手間加えてこだわってみる
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
先日の日曜日、オフィスのレイアウトをやっと直しました。こだわりポイント
は新しいデスク。
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/90zfrmw0ngg66l07qo

◇ アーティストの目とデザイナーの目
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
前の仕事でご縁のあったTさんに昨日久しぶりにお会いした。そこでTさんが
語っていたことで印象に残ったのが「アーティストとデザイナーは違う」とい
うこと。なるほど、その通りだと思う。
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/90zfsmw0ngg66l07qo

◇ なぜ山に登るのか?
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
先日、丹沢方面の山に登ってきました。登りながらの話で「なんでわざわざ苦
しい思いをして山に登るのか分からないって言われる」という話がありました。
なるほど、なんでわざわざ山に登るんだろう?
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/90zftmw0ngg66l07qo

┏━━━━━━━━━━━┓============================================
スタッフサークル!   スタッフブログ
┗━━━━━━━━━━━┛============================================
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/90zfumw0ngg66l07qo

◇ 呼ばれたい名前2(poso:近藤卓也)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
「呼ばれたい名前」が呼べない雰囲気をposoも経験したことがあります。大学
で教員と職員と学生が協働する委員会に入っていたのですが、教員とどのよう
に距離を保ったらいいのかよく分からず、学生は、萎縮してしまって、いや~
な重苦しい会議でしかできず、目的を達成するのに、支障が出てきてしまいま
した。
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/90zfvmw0ngg66l07qo

◇ jinさんのコラムがあの堀さんの本で引用されました!(poso:近藤卓也)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
河村甚の連載コラム「チームづくりレシピ 」。チームや組織に焦点を当てて、
メルマガ編集長瀬田すみ恵とのダイアログの末に生み出されているのですが、
実は、チームビルディング、ファシリテーションに関する書籍を執筆していら
っしゃる、あの堀公俊さんの「チーム・ファシリテーション 最強の組織をつ
くる12のステップ 」で引用されているらしいのです。
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/90zfwmw0ngg66l07qo

◇ 名前は白ガムテで!(poso:近藤卓也)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
TBJの歩くトーテムポール、posoです。名前の重要性は過去のブログ(呼ば
れたい名前)で書いてきましたが、イベントやパーティーなど全員で自己紹介
をすることができない場合、どうしたらいいのでしょうか?
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/90zfxmw0ngg66l07qo

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■◇■ 編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■再び せたすみえです。

自らの身をもって“感じる”【体験】と、

深く“考える”ことを促進する【対話】。

『チームづくりレシピ』「教えること」と「学ぶこと」
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/90zfymw0ngg66l07qo
にもありましたが、

人の学びは、自ら“感じる”ことと“考える”ことから生まれる
とわたしたちは考え、大切にしています。

■チームに何が必要かを語るとき、

発言自体はきれいにまとまっていても、
一般論を振りかざしているだけの場合があります。

「チームで活動するときはコミュニケーションが重要」
「仲間を信頼し、協力することが大切」

一見正しく、もっともらしい“答え”です。

しかし、実感が伴わない場合は、言葉に力がありません。

■わたしたちの行う研修では、アクティビティ体験の後に
ファシリテーターのもと、活動を振り返ります。

【リフレクション(Reflection)】と呼んでいるその時間は、
体験と日常を関連付けるための 大変重要な時間です。

夢中になり、心を震わせるような【体験】と、

体験を振り返る【リフレクション】により、
多様な考えや見方が交じり合い、磨かれていく過程で その人にとって
必要なことが浮き上がってくる【対話】を通して生まれる学びは、

決して人から与えられたものではなく、
腹落ちした自分の学びとなります。

■自分はどう感じたのか。
自分はどう考えるのか。

一人称で語るためには、
「感じる」力+「考える」力が必要とされます。

自分の言葉で表現することは、決して容易くありません。

しかし、自分の心と頭で、感じ・考え、表現できる人材が、
これからますます必要とされると感じています。

今回も最後までお読みいただき ありがとうございました*^-^*

ご感想お待ちしています↓
sumie_seta@teambuildingjapan.com (せた直通)

次回は 2010年 6月24日 にお届けします。
———————————————————————-
【転送自由】メルマガの内容がお役に立てそうな方がいらっしゃいましたら
ぜひ転送して差し上げてください。
【転載自由】「チームビルディングジャパンによると…」と出典を明らかに
してくださいますようお願いいたします。
【バックナンバー】をご覧になりたい方はこちら↓
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/90zfzmw0ngg66l07qo
【読者登録】【配信先変更】【(とても残念ですが)配信停止】
ご希望の方はこちら↓
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/90zf0mw0ngg66l07ro
Copyright(c) 2010 Team Building Japan Co., Ltd. All rights reserved.
———————————————————————-
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行元 (株)チームビルディングジャパン
http://www.teambuildingjapan.com/

〒141-0031 東京都品川区西五反田2-11-15 五反田壱番館903
Tel. 03-6431-9237 Fax. 03-6431-9249

代 表 取 締 役 河 村 甚
メルマガ編集長  瀬田すみ恵
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━