【チームビルディングマガジン】アスリート育成とチームビルディング(6)個人種目にチームは必要か?

◆◆◆◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◆◆◆  【チームビルディングマガジン】 vol.228
◆◆◆   http://www.teambuildingjapan.com
◆◆                         2016.4.21
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは。チームビルディングジャパン せたすみえです。

いつもチームビルディングマガジンをお読みいただき
ありがとうございます。

(はじめましての方は、はじめまして*^-^*)
河村甚の『 チームビルディングの話をしよう 』。

早いもので、相馬浩隆(ヒロ)さんとの対談は
今回が最終回となります。

対談コラム”アスリート育成とチームビルディング”

第6回のテーマは、「個人種目にチームは必要か?」
http://www.teambuildingjapan.com/column/t028.html?mm

▽これまでのコラムはこちらからお読みいただけます。
http://www.teambuildingjapan.com/column/
第1回「生きる力」
第2回「親はどう育てる?」
第3回「企業のチームビルディングとの違い」
第4回「主体性と目標」
第5回「振り返りの勘どころ」

どうぞご覧ください。

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 河村甚の『 チームビルディングの話をしよう 』
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
アスリート育成とチームビルディング(6)

〔 個人種目にチームは必要か? 〕

◇相馬浩隆(以下 ヒロさん):最近は個人競技の中でもチームを求める
競技種目が出てきています。例えば競泳。成果にもつながっています。
20年ほど前アトランタオリンピックで、日本競泳チームは惨敗しました。
やり方を変えなくてはいけないという時にリーダーが現れて「チームで
やっていく」という方針を示しました。合同の練習時間も増やし、コー
チの指導方法もお互いに指摘し合い改善し合ってみんなでメダルを取る
ということに邁進して行った結果、今ではメダルをたくさん取る種目に
なったんですね。

◆河村甚(以下 じん):そうですよね。

◇ヒロさん:目標を明確にするということが大事ですよね。メダルを取
るんだ」「センターポールに日の丸を上げるんだ」ということを目標に
した時に、スイミングクラブごとにやっているだけではメダルに届かな
い。腹を割ってみんなで手の内を見せ合い、知恵を出し合って行くんだ
という雰囲気ができた。それはリーダーのおかげだと思うんですよね。

◆じん:指導者にしても選手にしても周りはみんなライバルで「相手が
勝ったら自分は負ける」という状態の個人種目の中で、「目標はそこじ
ゃない!」って変えていったというのは凄いですよね。

▼本文はこちら
http://www.teambuildingjapan.com/column/t028.html?mm
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ お知らせ
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
医療機関向けチームビルディング研修体験会
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

こんなことで悩んでいませんか?
・うちの部署ではこんなに頑張っているのに、あの部署は何もしてくれない。
・もっと職種間で連携して風通しの良い病院にしたい。
・他部署がどんなことをしているのか、どんなことを考えているのかわからない。
・互いの専門性を理解した自律した職員を育てたい。
・患者満足度を上げるために、まずは職員満足度を向上したい。
・何より明るく楽しい職場にしたい。
・研修プログラムの中でもう少し違った内容を導入したい。

こんなことでお悩みの皆さんに、チーム医療推進に向けた研修プログラ
ムをご紹介する無料体験会を企画いたしました。奮ってご参加ください。
…─…─…─…─…─…─…─…──…─…─…─…─…─…─…─…
【日時】 2016年6月15日(水) 13:00~17:00
【場所】ちよだプラットフォームスクウェア 5階
【対象】 病院・クリニック・介護施設・看護学校等の医療機関で研修に携わっているご担当者様
導入に興味をお持ちの医療従事者の方(看護・介護・事務等)
【定員】 30名(先着順) ※定員になり次第締め切らせていただきます。
【申込】 下記ページよりお申込みください。
http://www.teambuildingjapan.com/seminar/taikenkai001/
…─…─…─…─…─…─…─…──…─…─…─…─…─…─…─…
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
ブログを更新しました
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
====================
【スタッフサークル!】スタッフブログ
====================
http://ameblo.jp/staffcircle/

▼今日は新木場で研修 (松澤拓矢:ハル)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
おかげさまで4月前半は連日研修が入っていました。自分も昨日は
京都、今日は新木場、夢の島公園に来ています。スタッフが各地で
研修を運営中。そんな繁忙期も今日が終われば一段落です。
http://ameblo.jp/staffcircle/entry-12150415342.html

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 編集後記
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

再び せたすみえ です。

今号まで全6回にわたってお届けした、ヒロさん&じんさんの対談
「アスリート育成とチームビルディング」。いかがでしたか。

次回からは河野格(いたる)さんとの対談が始まります。

登山ガイドであり、企業や学校向けにチームビルディング研修も
手掛けるいたるさん。

いたるさんには、チームビルディングジャパンでも
ファシリテーターとしてご活躍いただいています。

わたしはハイキング(山歩き)が大好きなので、
対談を聴きながらワクワクしました。

次回からもどうぞお楽しみに。

▽ご感想・ご意見等はこちらまで
tbj@teambuildingjapan.com

次回は 2016年 5月 5日 にお届けします。

…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…
【 転送自由 】メルマガの内容がお役に立てそうな方がいらっしゃいまし
たら、ぜひ転送して差し上げてください。
——————————————————————
【 転載自由 】「チームビルディングジャパンによると…」と出典を明ら
かにしてくださいますようお願いいたします。
——————————————————————
▼【 バックナンバー 】
http://teambuildingmagazine.jp/
——————————————————————
▼【 読者登録 】【 配信先変更 】【 (とても残念ですが)配信停止 】
http://www.teambuildingjapan.com/contactindex/mailmagazine/
…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…
Copyright(c)2016 Team Building Japan Co., Ltd. All rights reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行元 (株)チームビルディングジャパン
http://www.teambuildingjapan.com

〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台2-11-16 さいかち坂ビル403
Tel:03-5577-3938 Fax:03-5577-3987

代 表 取 締 役  河 村 甚
メルマガ編集長  瀬田すみ恵
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【チームビルディングマガジン】アスリート育成とチームビルディング(5)振り返りの勘どころ

◆◆◆◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◆◆◆  【チームビルディングマガジン】 vol.227
◆◆◆   http://www.teambuildingjapan.com
◆◆                         2016.4.7
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは。チームビルディングジャパン せたすみえです。

いつもチームビルディングマガジンをお読みいただき
ありがとうございます。

(はじめましての方は、はじめまして*^-^*)
河村甚の『 チームビルディングの話をしよう 』は引き続き
公益財団法人日本オリンピック委員会
JOCキャリアアカデミー事業アシスタントディレクターである
相馬浩隆(ヒロ)さんとの対談です。

▽前回までのコラムはこちらからご覧いただけます。
http://www.teambuildingjapan.com/column/
第1回「生きる力」
第2回「親はどう育てる?」
第3回「企業のチームビルディングとの違い」
第4回「主体性と目標」
第5回となる今回の対談のテーマは、

研修でチームビルディングアクティビティを実施する際、
そのチーム体験からの学びを最大限に活かす振り返りを
するための勘どころについてです。

プロのファシリテーターはどのように
振り返りをおこなっているのでしょうか。

対談コラム”アスリート育成とチームビルディング”
第5回「振り返りの勘どころ」
http://www.teambuildingjapan.com/column/t027.html?mm

どうぞご覧ください。

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 河村甚の『 チームビルディングの話をしよう 』
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
アスリート育成とチームビルディング(5)

〔 振り返りの勘どころ 〕

◇相馬浩隆(以下 ヒロさん):チームビルディングのアクティビティを
やるだけでも効果がありますが、せっかくやるのであればそこから得ら
れるものを最大化したい。そのためにはアクティビティ後にしっかり振
り返りをするのがすごく大切だと思うのです。

じんさんは振り返りのプロ。振り返りをもっと上手にできるようになる
ために「振り返りの勘どころ」をぜひ聞かせていただきたいのですが。
◆河村甚(以下 じん):振り返りのために何をやっているのかというと、
まずはアクティビティの中で起こっていることをじっくり見ています。
「何が起きているかな?」「どう感じているかな?」「関係性は?」など
について自分なりにチームで起こっていることを吸収し、そこで自分が
興味を持ったことを聞きます。

投げ掛ける問いは、自分の中から出てきたものでないと響きません。
「こういう事言わせてやろう」という意図を持った問いが研修では使わ
れがちかもしれませんが、それだと面白くないし、相手にも響かないか
ら本気で答えてくれない。

▼本文はこちら
http://www.teambuildingjapan.com/column/t027.html?mm
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ お知らせ
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
医療機関向けチームビルディング研修体験会
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

こんなことで悩んでいませんか?
・うちの部署ではこんなに頑張っているのに、あの部署は何もしてくれない。
・もっと職種間で連携して風通しの良い病院にしたい。
・他部署がどんなことをしているのか、どんなことを考えているのかわからない。
・互いの専門性を理解した自律した職員を育てたい。
・患者満足度を上げるために、まずは職員満足度を向上したい。
・何より明るく楽しい職場にしたい。
・研修プログラムの中でもう少し違った内容を導入したい。

こんなことでお悩みの皆さんに、チーム医療推進に向けた研修プログラ
ムをご紹介する無料体験会を企画いたしました。奮ってご参加ください。
…─…─…─…─…─…─…─…──…─…─…─…─…─…─…─…
【日時】 2016年6月15日(水) 13:00~17:00
【場所】ちよだプラットフォームスクウェア 5階
【対象】 病院・クリニック・介護施設・看護学校等の医療機関で研修に携わっているご担当者様
導入に興味をお持ちの医療従事者の方(看護・介護・事務等)
【定員】 30名(先着順) ※定員になり次第締め切らせていただきます。
【申込】 下記ページよりお申込みください。
http://www.teambuildingjapan.com/seminar/taikenkai001/
…─…─…─…─…─…─…─…──…─…─…─…─…─…─…─…

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 編集後記
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

再び せたすみえ です。

4月ですね(*^^*) 先週末はお花見を楽しまれた方も
多いのではないでしょうか。
前回のメルマガ編集後記でも触れましたが
わが家ではこの春、子どもたちが3人ともそれぞれ卒業を迎えました。

今日4月7日はちょうど、末っ子長男である息子の高校入学式。
親元を離れ、全寮制の学校へのチャレンジです。
覚悟はしていたものの、別れはやっぱり寂しいものですね^-^;
子どもたちの成長とともにわたしのライフステージも変わり、
人生の正午を過ぎて午後へ向かいます。

ワクワク、そしてドキドキ。
娘や息子たち同様、わたしも新しい一歩を踏み出すときのようです。

▽ご感想・ご意見等はこちらまで
tbj@teambuildingjapan.com

次回は 2016年 4月 21日 にお届けします。

…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…
【 転送自由 】メルマガの内容がお役に立てそうな方がいらっしゃいまし
たら、ぜひ転送して差し上げてください。
——————————————————————
【 転載自由 】「チームビルディングジャパンによると…」と出典を明ら
かにしてくださいますようお願いいたします。
——————————————————————
▼【 バックナンバー 】
http://teambuildingmagazine.jp/
——————————————————————
▼【 読者登録 】【 配信先変更 】【 (とても残念ですが)配信停止 】
http://www.teambuildingjapan.com/contactindex/mailmagazine/
…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…
Copyright(c)2016 Team Building Japan Co., Ltd. All rights reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行元 (株)チームビルディングジャパン
http://www.teambuildingjapan.com

〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台2-11-16 さいかち坂ビル403
Tel:03-5577-3938 Fax:03-5577-3987

代 表 取 締 役  河 村 甚
メルマガ編集長  瀬田すみ恵
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━