【チームビルディングマガジン】チームビルディング研究会(2)情報学とチームビルディング


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 チームビルディングマガジン
 http://www.teambuildingjapan.com
 253号     2017.4.6
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは。チームビルディングジャパン せたすみえです。 
いつもチームビルディングマガジンをお読みいただき、ありがとうございます。
(はじめましての方は、はじめまして*^-^*)

河村甚の『 チームビルディングの話をしよう 』。

中島 久樹氏(マナビクリエイト代表) http://manacre.com
大橋 正司氏(サイフォン合同会社代表社員兼CCO) http://www.scivone.com/

のお二人をお招きしてお送りしています。

  ▽前回の対談はこちら
  チームビルディング研究会(1)研究者たち
  http://www.teambuildingjapan.com/column/t052.html?mm

中島 久樹さんは、企業や大学向けにリフレクションを中心とした組織活性プログラムを提供するリフレクションの実践研究家です。毎週金曜日に、多様な社会人が学び合う「フライデーリフレクション」を主催。お互いの経験を共有し、学び合うチームの構築を通して、個人と組織の活性化・変容を支援されています。

大橋 正司さんは、インフォメーションアーキテクトです。ウェブサービスやアプリの開発にデザインフェローとして携わり、サービスを通じた長期的な顧客との関係性づくりを主眼に置いた設計の推進を支援されている他、アニメーターの業務、教育を支援するツールの開発など、創造的な活動を支えるための情報、仕組み、環境の整備に関連する幅広い領域で活動を行っていらっしゃいます。

今回は、「情報学とチームビルディング」。

組織開発を情報学の視点で考えてみます。
www.teambuildingjapan.com/column/t053.html?mm

どうぞご覧ください。

 
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 河村甚の『 チームビルディングの話をしよう 』
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
チームビルディング研究会(2)情報学とチームビルディング

□大橋正司さん(以下大橋さん):情報学と組織開発という領域は、実は隣同士、表裏一体なんです。
まず、そうですね、「情報というものは、実は非常にファジーである。捉えどころのないものだ」という話から始めましょうか。
もう少しわかりやすくいうと、「言葉」って「分類」なんです。乱暴な言い方にはなりますが、「言葉=分類」と言い換えても間違いではない。

◆河村甚(以下じん):「言葉=分類」。それってどういう意味ですか?

□大橋さん:たとえば、虹って何色ですか?

↓本文はこちら↓
www.teambuildingjapan.com/column/t053.html?mm

╋━━━━━
■ お知らせ
┗━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【満員御礼】第86回 チームビルディング・カフェ
非構成の場「円坐」から学ぶ
沈黙と内省のディープ・チームビルディング
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「チームビルディング・カフェ」は、チームビルディングについて興味のあるメンバーで集まり、ともに学び合う勉強会です。

今回のテーマは、「沈黙と内省」。「きくこと」に関心をもち、探究を続けている中尾聡志さんが話題を提供してくれます。

(中尾聡志さんからのメッセージ)
——————————————————–
私は普段、「円坐」という場をひらいています。「非構成的エンカウンターグループ」と呼ばれることもあります。
円坐では、目的やテーマなどが無いため、ファシリテーターがやることは、ただただシンプルに「きくこと」や「はなすこと」をすることになります。
今回のカフェでは、私が円坐の場で経験してきたことを踏まえ、あらためて「人と関わる」ということを考えてみたいと思います。それは同時に「自分と関わる」ことの再吟味になるかと思います。
当日は、円坐を小さく体験してもらいながら、円坐のポイントとなる「沈黙」や「内省」を感じるのワークを行う予定です。
——————————————————– 

【当日の内容(予定)】
・円坐体験と振り返り
・ミニカウンセリング体験と振り返り
【日時】2017年5月24日(水)19:00〜21:00 ※終了後に懇親会を予定しています(希望者・有料)
【場所】チームビルディングジャパン オフィス
 http://www.teambuildingjapan.com/company/access/
【定員】8名 (先着順)
【参加費】無料  
【話題提供者】中尾 聡志さん (円坐守人・ファシリテーター)

▼詳細はこちら
www.teambuildingjapan.com/workshop/c086

※チームビルディング・カフェはおかげさまで満員となりました。
 キャンセル待ちをご希望の方は、tbj@teambuildingjapan.comまでご連絡ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【スタッフブログ】スタッフサークル!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ameblo.jp/staffcircle/
————————————–
▼チームビルディング研修備品物流の知恵(松澤拓矢)
ameblo.jp/staffcircle/entry-12262127738.html
四月はチームビルディングジャパンは繁忙期です。すごい量の物品を宅急便で送ったりします。
そんな時にお世話になっている宅急便などのサービスのいくつかをご紹介します。
なかなかマニアックかもしれませんが、研修、ワークショップを企画する方なら同じお悩み持つこともあるのではと思います。
————————————–

╋━━━━━
■ 編集後記
┗━━━━━

◆再び せたすみえ です。

3月24日に、弊社で体験中の「monica」お披露目・事例発表会があり、チームビルディングジャパンのメンバーで参加してきました。

「Monica」とは、問いを繰り返してチームのコミュニケーションを整え、協働して質の高い仕事ができるチームづくりを支援するツールです。
対談中の大橋さんがMonicaのことを書いている記事を見つけました。ご興味のある方はちょっと覗いてみてくださいませ。
www.wantedly.com/companies/scivone/post_articles/54975

わたし自身は、Monicaにリモートチームでのチームビルディングに可能性を感じ、関心を持っています。
弊社での体験もまたお伝えしていけるといいなぁと思います。

次回もどうぞお楽しみに。

▽ご感想・ご意見等はこちらまで
tbj@teambuildingjapan.com

次回は 2017年4月20日にお届けします。

…─…─…─…─…─…─…─…─…─…

【転送自由】メルマガの内容がお役に立ちそうな方がいらっしゃいましたら、ぜひ転送して差し上げてください。
【転載自由】「チームビルディングジャパンによると…」と出典を明らかにしてくださいますようお願いいたします。

▼バックナンバーはこちら
teambuildingmagazine.jp/
▼読者登録、配信先変更、(残念ですが)配信停止はこちら
www.teambuildingjapan.com/contactindex/mailmagazine/

Copyright(c)2017 Team Building Japan Co., Ltd. All rights reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行元 (株)チームビルディングジャパン 
www.teambuildingjapan.com
 
〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台2-11-16 さいかち坂ビル403
Tel:03-5577-3938 Fax:03-5577-3987
 
代 表 取 締 役  河 村 甚
メルマガ編集長  瀬田すみ恵
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

one + 4 =