変化の時期の悪影響も乗り越える


◆◆◆◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◆◆◆  【チームビルディングマガジン】 vol.69
◆◆◆ http://www.teambuildingjapan.com/
◆◆                           2010.3.18
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは。チームビルディングジャパン せたすみえ です。

いつもお読みくださりありがとうございます。
はじめましての方は、はじめまして*^-^*

もうすぐ4月。
幼い頃から「新学期」として慣れ親しんだ1年の節目ですね。

来年度まで残すところあと2週間。
この節目を境に、新しい環境に身を置かれる方も
少なくないことと思います。

チームビルディングジャパンでは一足早く、
3月に環境が変わりました。(オフィス移転です^-^)

これまでよりもずっと明るいオフィス。
心が浮き立ちます。

しかし、

“オフィス移転”というと、
良い効果ばかりがクローズアップされますが、

河村もブログに書いていますように
環境が変わるということは、ストレス源にもなります。

河村甚ブログ【変化のストレスも使いよう】
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/90bs6lv0lg9rv09mne

今までは当たり前だと思っていたことが、
スムーズにいかないもどかしさ。

(そんな背景がありまして、)

河村とメルマガテーマについて
先日話し合ったときの会話の一コマがこちら↓

…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…
河村「最近“心のキャパシティ”が狭くってさぁ……」

瀬田「“心のキャパシティが狭い”だなんて
随分きれいに言いましたね^-^;」

「それって要するに
ちょっとしたことでイライラしてしまうということでは……」

河村「イライラって、周りのメンバーにも伝染しちゃうんだよねー」

瀬田「今はイライラ感じませんけどー。」

「でも、ひとりがイライラすると、
伝染してみんなイライラ。ありますよね。」

「どうやったら、その負のループにテコ入れできるんでしょうねー」
…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…

河村の名誉のために申し上げますと、
彼は決してイライラ怒ってばかりいるリーダーではありません^-^
むしろ温厚なスマイルボス。

ということは、
環境の変化時に“心のキャパシティ”が狭くなることは
構造として起こり得ることなのではないでしょうか?

そこで今回は、
『変化の時期の悪影響も乗り越える』
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/90bs7lv0lg9rv09mne
ということについて考えてみることにしました。

これから環境の変わるみなさまのご参考になれば幸甚です。

では 本編スタートです。

——-INDEX———————————————————-

■1■ チームづくりレシピ

■2■ ばんちょーのHave it your way!

■3■ 講座・勉強会のご案内

■4■ 最新ブログ情報

■◇■ 編集後記

———————————————————————-

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■1■ チームづくりレシピ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇◆ 変化の時期の悪影響も乗り越える ◆◇

メンバーの入れ替わり、オフィス移転など、組織には一見小さな環境の変
化がよく起こります。このような環境の変化はメンバー同士が刺激し合う
ためだったり、学び合うためだったり、更なる組織の向上のために意図的
に行われたり、もちろん意図せずに起こったりもします。変化によって起
こるのは良い事だけではなく、悪い事も起こります。変化そのものに対し
て抵抗するメンバーも居ます。

変化を起こすとき、または意図せず起こったときには積極的に良い面を活
かしながら、かつ悪い影響についても考慮し、備えておくことで変化をよ
り良く成長の力にしてゆく事ができます。

変化によって起こる悪い影響で注意すべきは……
〔↓本文はこちら↓〕
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/90bs8lv0lg9rv09mne

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■2■ ばんちょーのHave it your way!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇◆ 学校でもチームビルディング! ◆◇

こんにちは。社内ゴシップ担当のばんしょうです。最近、引越しをしまし
た。新しいオフィスは窓が大きくて、とーっても明るいです。うれしくな
って観葉植物を思いっきり太陽の光が当たる窓際に置いたら、なんと!み
るみるうちに元気がなくなってしまいました。
後で、すみえさんに確認したら、「パキラは直射日光に当てちゃだめなん
だよ~」とのこと。緑の葉っぱは全て太陽が大好きという考えが安直でし
た。只今集中治療室で応急処置をしています^^;

さて、皆さまチームビルディングジャパンのプログラムは企業研修だけだ
と思っていませんか?実は学校現場でもプログラムを実施する機会があり
ます。今回はその一部を紹介したいと思います。

〔↓本文はこちら↓〕
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/90bs9lv0lg9rv09mne

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■3■ 講座・勉強会のご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃チームビルディング ファシリテーター養成講座          ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

3/20(土)《場づくりの重要性 ~ アイスブレーカ― ~》
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/90bsalv0lg9rv09mne
は、おかげさまで満員御礼となりました。
☆ブログで読む⇒【大好評!ファシリテーター養成講座】
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/90bsblv0lg9rv09mne

4/24(土)に同内容の講座を開催いたしますので、
ご興味のある方はどうぞこちらへのご参加をお考えくださいませ。

なお、4月から始まる
【《3ヶ月集中》チームビルディングファシリテーター養成講座】
の詳細を知りたい方は、
↓こちらからパンフレットをダウンロードできます。
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/90bsclv0lg9rv09mne
ご興味のありそうな方が周りにいらっしゃいましたら、
ぜひ転送して差し上げてください。

チームビルディングファシリテーター養成講座とは
…─…─…─…─…─…─…─…──…─…─…─…─…─…─…─…
チームビルディングジャパンの社内に留めておくのはもったいない。
せっかくならば、ファシリテーションを学びたい人を集めて、一緒に
トレーニングをしてしまおう!……そんな思いから、社内のファシリ
テーター養成を公開講座にしてしまいました。
養成とは「一定の技術を身につけさせること」。本講座のゴールは、
参加者が明日からでも、自分の所属する組織の中で、ファシリテータ
ーとして活動ができるようになることです。
今回は、アイスブレイカーを効果的に運営できるよう、チームビルデ
ィングファシリテーター歴20年のプロが秘訣をお伝えします。
…─…─…─…─…─…─…─…──…─…─…─…─…─…─…─…

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃3月 チームビルディング勉強会               ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/90bsdlv0lg9rv09mne

◇◆ 自分の会社で、
勉強会やワークショップを広げるためにできること ◆◇

チームビルディング、ファシリテーション、ワークショップ。社外に自分
から勉強に出て、学ぶことはたくさんあります。しかし、いざ自分の会社
に帰れば、変化を嫌ういつものオフィス。何かを「やりたい!」と思って
も、賛同者が集まらず無力感を味わうことも多いと思います。
でも、それでも、「会社でやりました!」という声も聞きます。先日チー
ムビルディング勉強会に参加した方が、勉強会でやったワールドカフェを
会社でやってみたという話を聞きました。
やった手法や結果もですが、まず知りたいのはやるまでに苦労したことう
まくいったこと。そんなことを皆で学び合う機会としたいと思います。

【開催日時】2010年3月23日(火) 19:00~21:00
【定  員】10名
【対  象】チームビルディングに関心のある方
【参 加 費】3,000円(税込)
【会  場】ちよだプラットフォーム5階 会議室502
(東京都千代田区神田錦町3‐21)
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/90bselv0lg9rv09mne
〔↓詳細・お申込はこちら↓〕
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/90bsflv0lg9rv09mne
◇いつも申し込みそびれてしまうという方へ
〔↓一週間前にお知らせメールを受け取る↓〕
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/90bsglv0lg9rv09mne

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■4■ 最新ブログ情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┏━━━━━━━━━━━┓============================================
┃チームビルディング日記┃ 社長:河村甚のプライベートブログ
┗━━━━━━━━━━━┛============================================
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/90bshlv0lg9rv09mne

◇チーム・ファシリテーション
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
自分ひとりでファシリテーターやるプログラムと、2人でやるプログラム
とがあって、なんとなく比較して考えて、その違いをヒシヒシと感じまし
た。自分ひとりだと、自分の持てる力のすべてが出せない。複数いると、
自分の持てる力以上のものが出てくる。……
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/90bsilv0lg9rv09mne

◇終わらせないと始まらない
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
昔、ロンドンでちょっとだけ映画の学校に行っていた時に、映像制作の仕
事をしている方に聞いた事で今でも印象に残っていることがある。「どん
な仕事をしても、予算だったり、締め切りだったり色々な制約がある。そ
の中でベストなものを生み出すのが仕事」……
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/90bsjlv0lg9rv09mne

◇本当の仕事はお客さんの会社のチームビルディングをすることじゃない
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
自分にとって、チームビルディングを本当に実践する場は依頼を受けるお
客さんの会社じゃない。自分たちの会社、チームビルディングジャパンの
中。自分たちが理想とする組織作りを自分たちで実践して、成果につなげ
る。そういう組織で働くメンバーだからお客さんの会社へ行ってもいい成
果が出せる。まず自分たちが最高の見本でないといけない。……
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/90bsklv0lg9rv09mne

┏━━━━━━━━━━━┓============================================
┃ スタッフサークル! ┃ スタッフブログ
┗━━━━━━━━━━━┛============================================
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/90bsllv0lg9rv09mne

◇【セルフモチベーションの謎 】半額商品 スーパーでの大興奮!!(吉田和美)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
異常なまでもの盛り上がりと、買い物客同士の情報交換等々、お互い知ら
ない者同士が、ある一つの目標に向かって(半額商品をゲットする)競争
し、皆が群がる状態に同じ気持ちを感じながら自分も加わって、一つの興
奮状態を作り出す。感想は、めちゃくちゃ楽しかった!!!!!……
(前半)http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/90bsmlv0lg9rv09mne
(後半)http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/90bsnlv0lg9rv09mne

◇【FTP】長すぎるミーティング(近藤卓也)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
最近オフィスではFTP(ファシリテーター養成講座)プロジェクトメンバー
への視線が冷たくなってきています。「ミーティングの時間を短くした方
がいいよ…」「回数を減らした方がいいよ…」という声も聞こえてきます。
しかし、ミーティングの中で、チームのメンバーが意思疎通を十分に図る
ことを重視しているのがFTPチームです。……
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/90bsolv0lg9rv09mne

◇大好評!ファシリテーター養成講座(近藤卓也)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
最初は、本当に人が集まるのか ものすごい心配でした。講師の和美さん
のキャリアから考えれば、一人8,000円なんて激安。なのですが……人が
集まるかどうかって、必ずしも値段だけではないはず。「価値あるもの」
を「価値ある」ように見せなければ、講座に人が集まらない。FTPプロジ
ェクトが成功するには、講座に人が集まらないと話にもならない。結構、
胃が痛くなるような毎日でした。……
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/90bsplv0lg9rv09mne

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■◇■ 編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■再び せたすみえです。

来年度に向けて新しい組織を編成する。

その中には、これまでの経験があるメンバーと
新しく参加したメンバーがいる。

情報差も、経験差もある中で、
新しく加入した人材の力や持っている可能性を
引き出し、主体的に参加・貢献してもらうためには
どのような働きかけをすれば効果的なのだろうか。

■女性活躍推進をはじめとする、多様性推進プロジェクトの
メンバーの話し合いに、先日ファシリテーターとして
関わらせていただきました。

1泊2日のプログラムを組みながら、

そして当日話し合いをサポートしながら、

自分自身が昨年のちょうど今頃、
PTA役員に“新参者”として加わったとき

どんな気持ちであっただろうかと
自分の体験を思い返しておりました。

■湧き上がる意欲。

同時に、疑問や不安もありました。

「そもそもわたしたちメンバーは どのようなことができるのだろう?
どんな役割を、何をすることを望まれているのだろう?」

「改善案を新参者が提案すると、
これまで何年もこの組織を支えてきた先輩方にとっては
自分たちのやり方を否定されているような気持ちになるのではないか?」

「そもそも、改善することなど 望まれていないのではないか。
リーダーの指示通り動き、タスクをこなす。
変化よりも、例年通り問題なく進むことが求められているのではないか?」

「組織の慣習を変えるには、大変なエネルギーが要る。
リーダーの理解も不可欠だ。
1年経てば任期は終わる。そこまで労力を掛ける必要があるのか?」

■たとえ、メンバーひとりひとりは
素晴らしいスキルや、よいアイデアを持っていたとしても

それを実際の行動につなげるためには、まず
心理的なハードルをまず解消する必要があります。

■何よりもまずはじめに、

「力を発揮していいんだ」「安心・安全な場なんだ」

とメンバーが感じられる場をつくることが大切な一歩。

わたしたちチームビルディングのファシリテーターは、
組織づくりの一歩を踏み出すお手伝いをしていきます。

今回も最後までお読みいただき ありがとうございました*^-^*
次回は 2010年 4月 1日 にお届けします。

ご感想お待ちしています↓
sumie_seta@teambuildingjapan.com (せた直通)

———————————————————————-
【転送自由】メルマガの内容がお役に立てそうな方がいらっしゃいましたら
ぜひ転送して差し上げてください。
【転載自由】「チームビルディングジャパンによると…」と出典を明らかに
してくださいますようお願いいたします。
【バックナンバー】をご覧になりたい方はこちらです。
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/90bsqlv0lg9rv09mne
【配信先変更】【(とても残念ですが)配信停止】をご希望の方はこちらです。
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/90bsrlv0lg9rv09mne
Copyright(c) 2010 Team Building Japan Co., Ltd. All rights reserved.
———————————————————————-
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行元 (株)チームビルディングジャパン
http://www.teambuildingjapan.com/

〒141-0031 東京都品川区西五反田2-11-15 五反田壱番館903
Tel. 03-6431-9237 Fax. 03-6431-9249

代 表 取 締 役 河 村 甚
メルマガ編集長  瀬田すみ恵
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

sixteen − 10 =