振り返りから価値を生み出す手法


◆◆◆◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◆◆◆  【チームビルディングマガジン】 vol.77
◆◆◆ http://www.teambuildingjapan.com/
◆◆                             2010.7.8
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは。チームビルディングジャパン せたすみえ です。

いつもお読みくださりありがとうございます。
はじめましての方は、はじめまして*^-^*

プロジェクトやイベントの区切りが付くと、多くの場合
『 反省会 』『 振り返り会 』の場を持ちます。

そもそもなぜ、活動を振り返って考えるのかといえば
「今回の反省を次に活かすため」のはず。

ところが、決して機能しているとは言い難い
『 反省会 』『 振り返り会 』に参加した経験が、
わたし自身少なくありません。

今号のテーマは
“ 振り返りから価値を生み出す手法 ”です。
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/904pizw0ngp5g2l7wa

実りある『 反省会 』『 振り返り会 』を行いたいみなさま、
ぜひ一緒に考えてみましょう。

では 本編スタートです。

——-INDEX————————————————————

■1■ 河村甚の連載コラム『 チームづくりレシピ 』

■2■ 6月チームビルディング勉強会 速報!

■3■ 講座・勉強会のご案内

■4■ 最新ブログ情報

■◇■ 編集後記

————————————————————————

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■1■ 河村甚の連載コラム『 チームづくりレシピ 』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇◆ 振り返りから価値を生み出す手法 ◆◇

プロジェクトの実施後や研修を終えた後などに「振り返り」や「反省会」が行わ
れます。しかし「そんな時間は取れない」「部下を吊るし上げる場になってい
る」「やったところで落ち込むばかりでなにも良い事が無い」など、ネガティブ
な声も多く聞かれます。
しかし、本来前向きな理由や目的があるから行われてきたわけですが、それが見
失われて形骸化してしまったがためにネガティブな事も起こります。しかし、い
くつかのルールにのっとって行うと振り返りの機会をキチンと次の実践に活かせ
るようになります。
〔↓本文はこちら↓〕
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/904pjzw0ngp5g2l7wa

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■2■ 6月チームビルディング勉強会 速報!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇◆ 社内でつくる“振り返り”の場づくり ◆◇

こんにちは、ばんしょうです。先日、月に1回開催しているチームビルディング
勉強会に久しぶりに参加しましたので、その内容をご報告します。
〔↓本文はこちら↓〕
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/904pkzw0ngp5g2l7wa

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■3■ 講座・勉強会のご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆ 7/21(水)【無料】体験型!経営者様・人材育成ご担当者様向けセミナー
◆ 7/28(水) チームビルディング勉強会
◆ 8/24(火)【養成講座】インストラクションスキルアップ講座 場づくり編

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
【無料】体験型!経営者様・人材育成ご担当者様向けセミナー

ゆとり世代への社員教育
~内定者研修から新入社員研修・メンター(先輩社員)教育まで~
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/904plzw0ngp5g2l7wa

2010年度の新入社員研修を振り返る中で、まじめだが、受け身である「ゆとり世
代」の社員に「体験型研修」が効果的であり、ゆとり世代を現場で指導する先輩
社員へのメンター教育が必要であることも認識されるようになりました。

今度の人事担当者セミナーは、「ゆとり世代への社員教育~内定者研修から新入
社員研修・先輩社員の教育まで~」がテーマです。チームビルディング研修で何
を身につけさせるのか。どのように先輩社員を意識づけるのか。一連の新入社員
研修の流れ中で、チームビルディング研修をどのように組み込むのが効果的なの
か。国内製薬会社から外資系金融会社まで、幅広い企業でチームビルディング研
修のファシリテーターを担当してきた吉田和美が、「ゆとり世代」への新入社員
研修での事例の紹介と育て方をお伝えします。

ファシリテーター吉田和美のプロフィールはこちら
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/904pmzw0ngp5g2l7wa

【セミナーの3つのポイント】
1,実際にプログラムで行うアクティビティが体験できる。
2,チームビルディング導入における効果が分かる。
3,ファシリテーターへの質問も担当者様同士の意見交換も自由。

【開催日時】2010年7月21日(水) 13:30~16:30 (開場13:00)
【定  員】20名(先着順にて定員に達し次第締め切り)
【対  象】経営者様、人材育成ご担当者様
【参 加 費】無料
【会  場】ちよだプラットフォーム5F 会議室504
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/904pnzw0ngp5g2l7wa
〔↓詳細・お申込はこちら↓〕
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/904pozw0ngp5g2l7wa

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
第35回 チームビルディング勉強会
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/904ppzw0ngp5g2l7wa

◇◆ チームと責任 ◆◇

チームの仕事についての責任は誰が負うのでしょうか?リーダー?
直接担当しているメンバー?それとも全員の連帯責任?
責任の押し付け合いや誰か一人が責任を背負い込みすぎることなく、
チームがきちんと責任を負うためにはどうすれば良いのでしょうか?
対話の中で皆さんの経験を話しながら、学び合います。

【開催日時】2010年7月28日(水) 19:00~21:00
【参 加 費】3,000円(税込)
【会  場】ちよだプラットフォーム5F 会議室502
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/904pqzw0ngp5g2l7wa
〔↓詳細・お申込はこちら↓〕
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/904przw0ngp5g2l7wa
◇いつも申し込みそびれてしまうという方へ
〔↓一週間前にお知らせメールを受け取る↓〕
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/904pszw0ngp5g2l7wa

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
【養成講座】インストラクションスキルアップ
場づくり編 ~アイスブレイカー~
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/904ptzw0ngp5g2l7wa

3月、4月に開催されたアイスブレイカー講座。好評につき、
インストラクションスキルアップ講座 【場づくり編 】として
装いも新たに、再び8月に開催の運びとなりました。

参加・体験型のワークショップ形式の講座です。

研修の冒頭に漂う、緊張した状態や意見の言いづらい雰囲気に
困っていませんか? アイスブレイカーを導入することによって、
場が和み、活発に意見が出やすい雰囲気をつくることができます。

講座では、体験学習型研修ではもちろん、座学研修や会議での
アイスブレイカーを明日からでも運営できるよう、講師の指導のもと
参加者同士アクティビティ運営の練習を重ねます。

これから講師を目指す方や企業内トレーナーをしている方にもお薦めです。

今回の インストラクションスキルアップ講座 【場づくり編 】では
瀬田すみ恵が 講師兼ファシリテーターを務めます。
どうぞ奮ってご参加ください。

【開催日時】2010年8月24日(火)10:00~17:00
【受 講 料】18,900円(税込)
【会  場】 テンプスタッフ・テクノロジー セミナールーム(代々木駅西口4分)
(東京都渋谷区代々木1-21-10 代々木クロダビル1階)
〔↓詳細・お申込はこちら↓〕
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/904puzw0ngp5g2l7wa

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■4■ 最新ブログ情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏━━━━━━━━━━━┓==============================================
チームビルディング日記  社長:河村甚のプライベートブログ
┗━━━━━━━━━━━┛==============================================
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/904pvzw0ngp5g2l7wa

◇ 余計なお世話をできるか?
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
「ホスピタリティ」を型で表すために接遇マナーなど、形を学ぶことはできる。
だけれど、型だけではホスピタリティは生まれない。ホスピタリティはサービス
を受ける側の期待値と提供する側の行動の間のギャップにある。
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/904pwzw0ngp5g2l7wa

◇ 涙が出るほど本気で仕事する
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ワールドカップ、日本は決勝トーナメントまで勝ち進んだものの、その初戦から
先へは悔しくも進ませてもらえなかった。延長の末、最後のPKまでサッカーファ
ンじゃなくとも熱くなる試合だった。あそこまで本気で仕事するから人の心を動
かし、期待を上回る成果が出せる。
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/904pxzw0ngp5g2l7wa

◇ 風を受けて海を走る体験
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
昨日はチームビルディングジャパンの6人で葉山セーリングカレッジへヨット&
カヤック体験に行ってきました。特にヨットは役員クラスのチームビルディング
や体験との関連付けから現実を見直す機会として良さそうです。
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/904pyzw0ngp5g2l7wa

◇ ワールドカップ日本代表のチーム力
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
日本代表チームが帰国した。選手も監督もみんな「チームの力」「メンバーに恵
まれた」「このチームは本当に素晴らしいチームだった」などと、チームとその
結束についてコメントしている。恐らくはずっとチームとして力を発揮すること
を意識してやってきたんだと思う。だけど出発時と帰国時に明らかにチームは変
わった。
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/904pzzw0ngp5g2l7wa

┏━━━━━━━━━━━┓==============================================
スタッフサークル!   スタッフブログ
┗━━━━━━━━━━━┛==============================================
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/904p0zw0ngp5g2l7xa

◇ 自然体験の効果(近藤 卓也:poso)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
体験学習の効果というのは、非常に測りづらい。算数や理科社会など知識を学ぶ
教科教育に比べ、学習における結果の測定がしづらいからであろう。同じ“キャ
ンプ”に参加していても、そこから学ぶことは参加者でそれぞれ異なるから。
チームビルディング研修も実施をしたところで、座学研修とは違いテストで計れ
るような知識が増えるわけではない。体験学習では、知識を有効に活用する土台
となる「経験」が増える。
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/904p1zw0ngp5g2l7xa

◇ TBファシリテーター養成講座 完了(近藤 卓也:poso)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
今年の1月から準備に追われていた“FTP”ファシリテーター養成講座が一昨日
の6月26日(土)の実践研究会を持って、1回のトライアル講座と6回の連続
講座が終了しました。
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/904p2zw0ngp5g2l7xa

◇ ヨット カヤック de チームビルディング(近藤 卓也:poso)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
先日TBJメンバー全員でヨット・カヤックの体験会に行ってきました!サバイ
バル系は何でもやっている和美さん以外は、ヨット&カヤックは初体験。集まっ
て逗子まで行く間からワクワク・ドキドキ。
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/904p3zw0ngp5g2l7xa

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■◇■ 編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■再び せたすみえです。

チームビルディングジャパンでは、
企業研修を行った後や 講座・セミナーを開催した後には必ず、

『 リフレクション 』や『 スタッフ振り返り 』と呼んでいる場を持ちます。

◆ 河村甚が語る『 リフレクション 』へのこだわり ◆
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
第3回 『リフレクション ~体験を学びに変える手法~』
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/904p4zw0ngp5g2l7xa
第58回 『「振り返り」だけで終わらない』
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/904p5zw0ngp5g2l7xa

■この『 スタッフ振り返り 』では、

これからも継続していきたい良かった点や
反省すべき点・問題点など改善すべき点を挙げていきます。

そして、次回も継続していくことや、
「次はこうしよう」という改善案・解決策などを

スタッフチームで真剣に考え、次回に活かしていくのです。

■公開講座後の『 スタッフ振り返り 』には
受講生のみなさまにも、よくご参加いただきます。

参加されていた方の生の声を聴くことができる場というのは

参加者視点を失わないために、
わたしたち運営側としても、大変有難いことです。

同時に、ファシリテーター視点に興味のある受講生のみなさまにとっては

講座中にファシリテーターがどのように考えて運営していたのか、
その意図を赤裸々に聴くことができるということで、とても好評です。

(あまりに濃い時間なので、ちょっとお疲れになるようですが^-^;)

■「こんなに一生懸命スタッフの方が振り返りを行っているなんて驚き」

「この講座を次はもっと良くするという目的・目標のために、
本音でフィードバックをし合えるということが、ほんとにすごい」

参加した方からそう言っていただける
チームビルディングジャパンの『 スタッフ振り返り 』。

わたし自身も、ファシリテーターとして運営するだけにとどまらず、
その後必ずその内容を『 振り返る 』ことで

多くの学びを得てきたなぁと感じています。

人材育成にも本気の『 振り返り 』、効果的ですね。

今号も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
ご感想お待ちしています↓
sumie_seta@teambuildingjapan.com (せた直通)

次回は 2010年 7月22日 にお届けします。
————————————————————————
【転送自由】メルマガの内容がお役に立てそうな方がいらっしゃいましたら
ぜひ転送して差し上げてください。
【転載自由】「チームビルディングジャパンによると…」と出典を明らかに
してくださいますようお願いいたします。
【バックナンバー】をご覧になりたい方はこちら↓
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/904p6zw0ngp5g2l7xa
【読者登録】【配信先変更】【(とても残念ですが)配信停止】
ご希望の方はこちら↓
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/904p7zw0ngp5g2l7xa
Copyright(c) 2010 Team Building Japan Co., Ltd. All rights reserved.
————————————————————————
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行元 (株)チームビルディングジャパン
http://www.teambuildingjapan.com/

〒141-0031 東京都品川区西五反田2-11-15 五反田壱番館903
Tel. 03-6431-9237 Fax. 03-6431-9249

代 表 取 締 役 河 村 甚
メルマガ編集長  瀬田すみ恵
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

3 + 17 =