優秀な部下がついて来てくれない


◆◆◆◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◆◆◆  【チームビルディングマガジン】 vol.117
◆◆◆   http://www.teambuildingjapan.com/
◆◆                            2012.1.19
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

チームビルディングジャパン せたすみえ です。

いつもチームビルディング・マガジンをお読みくださり、
ありがとうございます。

(はじめましての方は、はじめまして*^-^*)

今号のテーマは、

「優秀な部下がついて来てくれない」です。

弊社チームビルディングジャパンの社長である河村は、
今回のコラムの中で

「自分だったらこんな人たちと一緒に仕事をしたい」
という思いを語っています。

http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/b0m7yst0vj2ojx5o4b89h

みなさんは、どのような人となら、
一緒に仕事をしたいと思いますか?

では、本編スタートです。

——-INDEX————————————————————

【1】 河村甚の連載コラム『 チームビルディング・ノート 』

【2】『 お知らせ 』

【3】『 編集後記 』

————————————————————————

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■【1】 河村甚の連載コラム『 チームビルディング・ノート 』
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〔 優秀な部下がついて来てくれない 〕

リーダーが「リーダーシップ」とよばれるものを発揮するからフォロワーがつ
いて来るのか?フォロワーがついて来ることでリーダーとなるのか?どちらに
せよ、リーダーはフォロワーが居るからこそリーダーたり得るわけであり、そ
の存在はフォロワーの存在に依存しています。

甘えたリーダーはフォロワーがついて来ないと自分自身ではなく、フォロワー
の側に原因があると考えます。「最近の若いのは根性が無い」「仕事は厳しい
ものだ。それを自分の責任でマネージして行くのは社会人として当たり前の事」
などと考えます。

自律的なリーダーはフォロワーがついて来れない時には「自分ができることは
何か?」と考えます。

もちろん、リーダーがフォロワーに媚を売って「ついて来てください」となる
のが正しい訳ではありません。リーダーも「こんな人たちについてきて欲しい」
という考えもあるでしょうし、そもそも誰かについてきて欲しいと思ってリー
ダーになっている訳ではないかもしれません。その人がその人らしく行動して
いたら勝手にフォロワーがついて来たということもあるでしょう。

あなたがリーダーだとしたら、どんな人たちについてきて欲しいですか?

▼本文はこちら
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/b0m7zst0vj2ojx5o4bjg5

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■【2】 『 お知らせ 』
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
※残席僅少※ 第52回 チームビルディング・カフェ を開催します
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/b0m70st0vj2ojx5o5bgOe

2012年1月は、チームビルディング・カフェメンバーであるTさんが
ファシリテーターを担当してくださいます。

以下、Tさんからのメッセージです。
…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…
日本適性力学協会のオフィシャルページです。
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/b0m71st0vj2ojx5o5bxQx
スライドと動画を御覧いただけると幸いです。

ウェルスダイナミクスでは、「8つのプロファイル」が非常に重要です。
クリエーター、スター、サポーター、ディールメーカー、トレーダー、
アキュムレーター、ロード、メカニックです。

チームについて考えると…例えば会社…
なんとなくそりが合わない、あるいは嫌い、よくあると思います。

その人自身が嫌いなのではなく、
プロファイルが違うから理解できないのだとしたら…
相手の強みは自分の弱み、逆もまた真なりです。

まず、自分の特性を知り、相手の特性を知ることが出来たなら…
ウェルスダイナミクスは、圧倒的に人間関係を改善します。

今回のワークショップでは、時間が限られていることもあり、
プロファイルの概要に留まると思いますが、
継続的にウェルスとチームビルディングについて
ワークショップを行っていきたいと思います。

ご参加される皆様のご協力を頂ければ幸いでございます。
…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…

【開催日時】2012年1月30日(月) 19:00~21:00(開場18:30)
【定  員】20名
【会  場】スターバックスコーヒー ゲートシティ大崎店 セミナールーム
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/b0m72st0vj2ojx5o5bG8v

※残席が僅かとなっております。
参加をご希望の方は早めにお申し込みください。

▼詳細・お申込はこちら
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/b0m73st0vj2ojx5o5bk60
▼いつも申し込みそびれてしまうという方へ
(一週間前にお知らせメールを受け取ることができます)
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/b0m74st0vj2ojx5o5bUtg
▼これまでチームビルディング・カフェに参加された方の
コメントはこちら(アカウント無しでも閲覧できます)
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/b0m75st0vj2ojx5o5b22v
※コメントを書き込む場合は、
facebookのアカウントが必要になります。この機会にぜひご登録を☆

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
ブログを更新しました
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

====================
【スタッフサークル!】スタッフブログ
====================
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/b0m76st0vj2ojx5o5bnCo

▼ スカベンジャーハントの面白さ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
posoです。フォトスカベンジャーハントの面白さのメモです。
1)場所……  2)人……  3)シチュエーション……
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/b0m77st0vj2ojx5o5b0NO

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■【3】 『 編集後記 』
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

再び せたすみえ です。

直属の上司を始めとして、企業のリーダー、日本のリーダーなど、
身の周りのリーダーに対して、リーダーシップが無いと嘆く声を、
しばしば耳にします。

◆しかし、【リーダーシップ】とは、
トップ、またはリーダーと呼ばれる役割にある人だけが
発揮すべきものなのでしょうか?

リーダーでない人は、
リーダーシップを発揮することはできないのでしょうか?

◆わたしは、リーダーでなくとも、
それぞれの強みや能力を活かし、様々な局面に応じて、
チームメンバーの誰もが発揮できるものとして、
【リーダーシップ】を捉えています。

◆変化は激しく、業務は細分化されている現在、
リーダーが一人で全てを把握・判断することは、
ますます難しくなってきています。

チームは、リーダー一人に依存するのではなく、
メンバーも共にチームの責任を共有して
より主体的に取り組み、チーム全員が、各々の能力を
十二分に発揮することが必要となっていると考えるからです。

◆そのためには、メンバーだけでなく、
リーダーも変わる必要があります。

リーダーは一人で全責任を負い、
全てをコントロールしようとする気持ちを手放して、

メンバーが主体的に責任を引き受け、
リーダーシップを発揮しやすいような場を
リーダーは丁寧につくっていかねばなりません。

◆しかし、メンバーに対して一方的に
「リーダーシップを発揮しろ」と求めることに比べ、

リーダーが「自分にできることは何か」と自身に問いかけ、
メンバーが自発的にリーダーシップを発揮したくなるような組織を
つくろうとするのは、はるかに難しいものです。

今日は最後に、本を一冊ご紹介して終わりたいと思います。
ご参考になれば幸いです。

▼『POWER UP ~責任共有のリーダーシップ』
デビッド・L. ブラッドフォード, アラン・R. コーエン (著),
高嶋 成豪, 高嶋 薫 (翻訳) 税務経理協会 (2010/07)
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/b0m78st0vj2ojx5o5btt1

リーダーもメンバーも、全員で
責任を共有するチームを築くメリットを

英雄志向のリーダーシップと比較しながら
解りやすく説明してくれるだけでなく、

どのようにしたら責任を共有できるチームになれるのか、
具体的なプロセスも紹介してくれている一冊です。

わたしもまだまだ、実践&探求中です。

ご興味のある方がいらしたら、
ぜひダイアログを通して、共に深めたいものです~。

今号もお読みいただきありがとうございました。

▼ご感想・ご意見等はこちらまで
tbj@teambuildingjapan.com

次回は 2012年2月2日 にお届けします。

…─…─…─…─…─…─…─…─…──…─…─…─…─…─…─…─…─…
【 転送自由 】メルマガの内容がお役に立てそうな方がいらっしゃいましたら
ぜひ転送して差し上げてください。
————————————————————————
【 転載自由 】「チームビルディングジャパンによると…」と出典を明らかに
してくださいますようお願いいたします。
————————————————————————
▼【 バックナンバー 】
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/b0m79st0vj2ojx5o5bD0A
————————————————————————
▼【 読者登録 】【 配信先変更 】【 (とても残念ですが)配信停止 】
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/b0m7ast0vj2ojx5o5bayg
…─…─…─…─…─…─…─…─…──…─…─…─…─…─…─…─…─…

Copyright(c) 2012 Team Building Japan Co., Ltd. All rights reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行元 (株)チームビルディングジャパン
http://www.teambuildingjapan.com/

〒141-0031 東京都品川区西五反田2-11-15 五反田壱番館903
Tel. 03-6431-9237   Fax. 03-6431-9249

代 表 取 締 役  河 村 甚
メルマガ編集長  瀬田すみ恵
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three × three =