コントロール出来ないものをコントロールしようとしない


◆◆◆◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◆◆◆  【チームビルディングマガジン】 vol.131
◆◆◆   http://www.teambuildingjapan.com/
◆◆                            2012.8.2
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

チームビルディングジャパン せたすみえ です。

いつもチームビルディング・マガジンをお読みくださり、
ありがとうございます。

(はじめましての方は、はじめまして*^-^*)

深夜のオリンピック観戦で、ちょっと寝不足気味の方も
いらっしゃるのではないでしょうか^-^

暑い日が続いています。熱中症にもどうぞお気を付けくださいね。

さて、今号のテーマは
〔 コントロール出来ないものをコントロールしようとしない 〕。

河村は、コラムの中で

「組織のリーダーは、“人の心や考えを自分の意思で
コントロールできる”という誤解を捨てる必要がある」

と語っています。

人をコントロールするのではなく、
コントロールしなくとも良い状態をつくる。

そのためには、どうすればよいのでしょうか。

詳しくは、河村甚の連載コラム
『 チームビルディング・ノート 』をご覧ください。

▼〔 コントロール出来ないものをコントロールしようとしない 〕
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/b0g367w0zja6qo827hE26

では、本編スタートです。

——-INDEX————————————————————

【1】 河村甚の連載コラム『 チームビルディング・ノート 』

【2】『 お知らせ 』

【3】『 編集後記 』

————————————————————————

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■【1】 河村甚の連載コラム『 チームビルディング・ノート 』
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〔 コントロール出来ないものをコントロールしようとしない 〕

組織を束ねる人は人をコントロールし、思い通りに操ろうとする事があります。
しかし、本当は人をコントロールするのではなく、コントロールしなくとも良
い状態を作ることの方が重要です。私たちは人が人をコントロールできるかの
ような錯覚をしています。だからコントロール出来ない時に苦しむのです。こ
れは純粋にその事実や仕組みを理解しているかどうかによります。それを理解
していれば苦しまず、コントロールしようとせずに活かすことができます。

▼本文はこちら
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/b0g377w0zja6qo827hRH7

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■【2】 『 お知らせ 』
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
【公開研修】グローバル・リーダーシップ研修
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
《グローバル環境で成果を上げるリーダーに求められる要素を学ぶ》
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/b0g387w0zja6qo827hzSg

◆自分とは違う考え方や価値観を柔軟な姿勢で受容する
◆自分の意思やビジョンを論理的かつ明確に伝える
◆多様なメンバーの強みを活かし、目標に向けてモチベーションを引き出す

グローバル環境で求められるリーダーシップには、上記のような要素が考えら
れますが、異文化の環境で英語でコミュニケーションしながら、それらを実現
していくのは、それほど簡単なことではありません。

本プログラムでは、「英語をコミュニケーションツールとして、一つの成果を
生み出すプロセス」を体験学習スタイルで学びます。グローバルな職場環境を
リアルに疑似体験できるワークを行ない、グローバル環境で求められるリーダ
ーシップの要素と、それを発揮する難しさや楽しさを「頭」だけでなく「体」
でも理解します。その後の対話と内省によって深い気づきを経て、自己課題を
形成し、リーダーとしての意識変革を促します。海外赴任を控えた管理職・候
補者の方向けに、「今後、自分自身に何が必要なのか」を明確にし、リーダー
シップ開発の土台を構築していただく1DAY研修プログラムです。

【開催日時】2012年9月27日(木) 10:00~17:30(受付9:30 )
【定  員】26名
【対  象】海外赴任予定者、海外赴任候補者/グローバルな職場環境の管理職
/日本勤務の外国人の方/人材開発部門の方
【受 講 料】73,500円
【会  場】BumB東京スポーツ文化館(東京都江東区夢の島2-1-3)
新木場駅より徒歩15分
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/b0g397w0zja6qo827hwAN
【共  催】テンプスタッフラーニング株式会社

▼詳細・お申込はこちら
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/b0g3a7w0zja6qo827hm9C

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
第59回 チームビルディング・カフェ
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/b0g3b7w0zja6qo827hfbE
(詳細は決まり次第上記ホームページでお知らせいたします)

【開催日時】2012年 8月30日(木) 19:00~21:00(開場18:45)
【参 加 費】無料
【定  員】20名
【会  場】株式会社 SORA 会議室(東京都目黒区目黒1-4-16 目黒Gビル10F)
目黒駅(JR、東急目黒線、東京メトロ南北線、都営三田線)より徒歩3分
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/b0g3c7w0zja6qo827hA9g

▼お申込はこちら
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/b0g3d7w0zja6qo827hUwC
▼いつも申し込みそびれてしまうという方へ
(約3週間前にお知らせメールを受け取ることができます)
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/b0g3e7w0zja6qo827h41H
▼これまでチームビルディング・カフェに参加された方の
コメントはこちら(facebookアカウント無しでも閲覧できます)
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/b0g3f7w0zja6qo827hDEa
※コメントを書き込む場合はfacebookのアカウントが必要になります。
(お申込にはfacebookアカウントは必要はありません)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
ブログを更新しました
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
====================
【スタッフサークル!】スタッフブログ
====================
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/b0g3g7w0zja6qo827hxWN

▼MICEオープンガレッジ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
posoです。今日は横浜インターコンチネンタルホテルで行われているMICE
オープンガレッジに来ています。甚さんが講師としてMICE、インセンティ
ブ、チームビルディングについて講義とアクティビティ体験をしています。
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/b0g3h7w0zja6qo827h9Gu

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■【3】 『 編集後記 』
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆再び せたすみえ です。

メンバーを思い通りにコントロールできるパワーを持っていると、
リーダーとしての自分に影響力があるように錯覚してしまいがち。

◆しかし、メンバーの立場から考えると、

相手からコントロールされていると感じると
操られまいとして、むしろ
行動や態度を変えないように頑なになってしまうんですよね~^-^;

◆逆に、気持ちや感情を丸ごと受けとめてもらったり、
存在価値や強みを認めてもらったりすると、

必要以上に自分を守る必要がなくなり、
自分のあるがままを認め、

自然により良くあろうというエネルギーが
内側から湧いてくるのを感じます。

◆誰もがそれぞれ元々持っている個々の資質を
強みとして認め、その資質を活かして
チームの中に流れをつくる。

そんなリーダーシップを発揮していきたい と
わたしは思っています。

今号もお読みいただきありがとうございました。

▼ご感想・ご意見等をぜひ聴かせてください
tbj@teambuildingjapan.com

次回は 2012年 8月16日 にお届けします。

…─…─…─…─…─…─…─…─…──…─…─…─…─…─…─…─…─…
【 転送自由 】メルマガの内容がお役に立てそうな方がいらっしゃいましたら
ぜひ転送して差し上げてください。
————————————————————————
【 転載自由 】「チームビルディングジャパンによると…」と出典を明らかに
してくださいますようお願いいたします。
————————————————————————
▼【 バックナンバー 】
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/b0g3i7w0zja6qo827hLBp
————————————————————————
▼【 読者登録 】【 配信先変更 】【 (とても残念ですが)配信停止 】
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/b0g3j7w0zja6qo827hAfS
…─…─…─…─…─…─…─…─…──…─…─…─…─…─…─…─…─…

Copyright(c) 2012 Team Building Japan Co., Ltd. All rights reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行元 (株)チームビルディングジャパン
http://www.teambuildingjapan.com/

〒141-0031 東京都品川区西五反田2-11-15 五反田壱番館903
Tel. 03-6431-9237   Fax. 03-6431-9249

代 表 取 締 役  河 村 甚
メルマガ編集長  瀬田すみ恵
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

19 + two =