【チームビルディングマガジン】コミュニケーションデザインの研究と実践(4)有罪か無罪かを決める対話:前編


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 チームビルディングマガジン
 https://www.teambuildingjapan.com
 287号    2018.7.26
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは。チームビルディングジャパン せたすみえです。

暑い日が続きますね。
いつもチームビルディングマガジンをお読みいただき、ありがとうございます。
(はじめましての方は、はじめまして*^-^*)

河村甚の『 チームビルディングの話をしよう 』。

社会福祉法人喜慈会 子中保育園 http://konakahoikuen.com/ 
副園長の大塚裕子さんをお招きして対談をお届けしています。

研究者の視点を持って保育園運営をされる大塚さん。
第4回となる今回は、大塚さんの取り組んできた研究について伺います。

どうぞご覧ください。

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 河村甚の『 チームビルディングの話をしよう 』
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コミュニケーションデザインの研究と実践(4)有罪か無罪か?を決める対話:前編

◇ 大塚裕子(ひろねー):私は、大学で教員をする前は、都市計画や交通計画を行う研究所で、
新聞やアンケートなどで発せられた語彙データの分析をしていました。
「自然言語処理」という分野の研究です。

◆ 河村甚(じん):ほぉ〜。

◇ ひろねー:例えば、町づくりについてアンケートを取ったとしますね。
自由記述でアンケートに書かれた意見から、
町づくりをしていく上で、市民にはどのような不満の対象があるのかを
自動的に識別できるルールをつくるんです。

言葉には、ネガティブな表現とそうでない表現がありますが、
そういう情報をルールや辞書として記述していないと、コンピューターには識別が難しい。
例えば、アンケートに「どうにかならないものか」と書かれていたとします。
人間がこの記述を読んだら、これはネガティブな意見だ、ということが分かりますよね。
しかし、コンピューターにはできない。
人は自分の不満や要望をどのように言葉に表現するのか。そういう研究をしていました。

◆ じん:膨大なデータとなる要望アンケートの言葉の意味を
コンピューターでさばけるようにする、ということですね。

↓本文はこちら↓
www.teambuildingjapan.com/column/t087.html?mm

╋━━━━━
■ お知らせ
┗━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【スタッフブログ】スタッフサークル!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
www.teambuildingjapan.com/staffblog/
————————————–
▼ オレンジダイアログ〜朝会で盛り上がっている最近のお題〜(松澤 拓矢)
www.teambuildingjapan.com/staffblog/usually/orangedialogue.html
朝会で取り入れているオレンジダイアログ、少しずつ形を変えてつづいています。
最初はミッション・ビジョン・バリューについてはなす時間にしていたのですが、
今は、朝会の担当になった人が、以下のようなお題の中からどれか1つを選んで10分ほど話す形です。
————————————–
▼ 救急救命講習へ行ってきました!(今井 紫園)
www.teambuildingjapan.com/staffblog/usually/023.html
先日、女子3人で救急救命講習を受講してきました。
プログラム中に参加者の方がケガなどしてしまった場合、応急処置ができるようにと。
マネキンに心臓マッサージしたり、人工呼吸をしたり・・・。
思ったより力がいることにびっくり!!
————————————–

╋━━━━━
■ 編集後記
┗━━━━━

◇再び せたすみえ です。

今回の対談はいかがでしたか。

ファシリテーションの考え方、知識やスキルが
裁判員裁判の場でも必要とされているという話を興味深く聞きました。

ファシリテーションって、特別なものではありませんが、
知っていると役に立つ場面がたくさんあります。

複数人で何かに取り組むときには、必ずそこに
コミュニケーションが生まれるからです。

“ファシリテータ—”という呼ばれ方をしていなくても、
「あの人がいると、なぜかいい感じの話し合いになるんだよなぁ」
って感じる人って、いますよね。

チームビルディングジャパンは、「2030年までに100万人にチームビルディングを届ける」というビジョンを掲げています。

リーダーもメンバーも主体的に関わることができるチームづくり。
そのために、ファシリテーションもより一層、社会に広まっていくといいなぁと思います。

次回は2018年8月9日のお届けとなります。続きをどうぞお楽しみに。

▽ご感想・ご意見等はこちらまで
tbj@teambuildingjapan.com

…─…─…─…─…─…─…─…─…─…

【転送自由】メルマガの内容がお役に立ちそうな方がいらっしゃいましたら、ぜひ転送して差し上げてください。
【転載自由】「チームビルディングジャパンによると…」と出典を明らかにしてくださいますようお願いいたします。

▼バックナンバーはこちら
teambuildingmagazine.jp/
▼読者登録、配信先変更、(残念ですが)配信停止はこちら
www.teambuildingjapan.com/contactindex/mailmagazine/

Copyright(c)2018 Team Building Japan Co., Ltd. All rights reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行元 (株)チームビルディングジャパン
www.teambuildingjapan.com

〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台2-11-16 さいかち坂ビル403
Tel:03-5577-3938 Fax:03-5577-3987

代 表 取 締 役  河 村 甚
メルマガ編集長  瀬田すみ恵
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

four + 4 =