【チームビルディングマガジン】コミュニケーションデザインの研究と実践(5)有罪か無罪かを決める対話 後編


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 チームビルディングマガジン
 https://www.teambuildingjapan.com
 288号    2018.8.9
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは。チームビルディングジャパン せたすみえです。

いつもチームビルディングマガジンをお読みいただき、ありがとうございます。
(はじめましての方は、はじめまして*^-^*)

河村甚の『 チームビルディングの話をしよう 』。

社会福祉法人喜慈会 子中保育園 http://konakahoikuen.com/ 
副園長の大塚裕子さんをお招きして対談をお届けしています。

研究者の視点を持って保育園運営をされる大塚さん。
第5回は前回の続きです。

サイエンスカフェのような専門家と市民が対話する場づくりの
難しさについても話が広がっていきました。

どうぞご覧ください。

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 河村甚の『 チームビルディングの話をしよう 』
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コミュニケーションデザインの研究と実践(5)有罪か無罪か?を決める対話:後編

◇ 大塚裕子(ひろねー):前回は裁判員裁判に関わったときのことをお話しましたが、
科学分野でも、同様に携わりました。
「サイエンスカフェ」が流行ったことがあったのですが、知ってます?

◆ 河村甚(じん):「サイエンスカフェ」?

◇ ひろねー:市民に科学に興味関心持ってもらいたい、ということで広まった、
専門家が科学について話すのを聞いたり、質問したりする場です。

◆ じん:へぇ〜。それってどういうところでやるの?

↓本文はこちら↓
www.teambuildingjapan.com/column/t088.html?mm

╋━━━━━
■ お知らせ
┗━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【スタッフブログ】スタッフサークル!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
www.teambuildingjapan.com/staffblog/
————————————–
▼ チームビルディング会社のチームミーティング(河村 甚)
www.teambuildingjapan.com/staffblog/teambuilding/team_meeting_1.html
今日はチームビルディングジャパンのチームミーティングを行いました。
・チームの状態や関係性についての振り返り。
・チームが取り組んでいる課題そのものを扱わず、一段視座を上げて話し合う。
・チームとして機能し、高い成果を出せる状態になる。
を目的として行います。
————————————–
▼ プログラムのトライアル会(日比 千里)
www.teambuildingjapan.com/staffblog/180726trial.html
チームビルディングジャパンと株式会社HEART QUAKE合同でプログラムのトライアル会を実施しました!
以前からDIYキットとして、ファシリテーターがいなくてもできるプログラムを販売していますが、今回は対象をより絞って、
「小規模店舗などの少人数でも、自分たちで実施できるプログラムを!」ということで、様々なトライアルを行いました。
————————————–
▼ チームビルディングってどこから始めればいいですか?(菅谷 宏一)
www.teambuildingjapan.com/staffblog/theory/tbdokokara.html
「チームビルディングってどこから始めればいいですか?」というご質問を頂くことがあります。
チームと言っても、いろんなチームがあっていろんな人がいます。相談してくれる人もいろいろ。
そんななかで僕はだいたい2つのことをお答えしています。
————————————–

╋━━━━━
■ 編集後記
┗━━━━━

◇再び せたすみえ です。

先日、富士山に登ってきました。

人生で初めて登った昨年に続いて、2年連続のチャレンジ。
昨年は山梨県側から、今年は静岡県側から登り、富士山のもつ様々な顔を満喫しました。

山行を共にしたチームは8名ほど。
チームビルディングジャパンでも一緒に仕事をしているガイドの方に、
プライベートガイドをお願いしています。
 
 ▽ 登山ガイド:河野格さん。以前、対談にも登場してくださっています。
 https://www.teambuildingjapan.com/column/t029.html

富士登頂が目指すゴールであり、それを達成することが重要であることはもちろんですが、
そこに辿り着くまでのプロセスがもっと大事。
山歩きを通じて仲間の関係性を育むことがわたしの大目的なので、
チームビルディングの視点をもっており、思いを理解してくれるガイドの存在は有難い限りです。

標高3776mのゴールに向かって、苦しい時もツラい時も、
一歩、一歩と足を踏み出し、そしてゴール達成した時の喜びと一体感はひとしおです。

「一つのゴールに向かって、思いを一つにして向かってゆける組織作り」。

山歩きを通じて人のつながりを育むことは、わたしの幸せです。
チームビルディングは楽しいですね。

次回は2018年8月23日のお届けとなります。続きをどうぞお楽しみに。

▽ご感想・ご意見等はこちらまで
tbj@teambuildingjapan.com

…─…─…─…─…─…─…─…─…─…

【転送自由】メルマガの内容がお役に立ちそうな方がいらっしゃいましたら、ぜひ転送して差し上げてください。
【転載自由】「チームビルディングジャパンによると…」と出典を明らかにしてくださいますようお願いいたします。

▼バックナンバーはこちら
teambuildingmagazine.jp/
▼読者登録、配信先変更、(残念ですが)配信停止はこちら
www.teambuildingjapan.com/contactindex/mailmagazine/

Copyright(c)2018 Team Building Japan Co., Ltd. All rights reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行元 (株)チームビルディングジャパン
www.teambuildingjapan.com

〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台2-11-16 さいかち坂ビル403
Tel:03-5577-3938 Fax:03-5577-3987

代 表 取 締 役  河 村 甚
メルマガ編集長  瀬田すみ恵
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

two × 5 =