【チームビルディングマガジン】会議でチームビルディング(6)良い会議と悪い会議


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 チームビルディングマガジン
 https://www.teambuildingjapan.com
 279号     2018.4.5
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは。チームビルディングジャパン せたすみえです。 

いつもチームビルディングマガジンをお読みいただき、ありがとうございます。
(はじめましての方は、はじめまして*^-^*)

河村甚の『 チームビルディングの話をしよう 』。

株式会社 Dialogic Consulting 代表取締役社長 吉田 創(そう)さん
www.dialogic.jp/
をお招きして対談をお送りしています。

そうさんは、対話型組織開発コンサルタント・ファシリテーター・講師としてご活躍されています。
職場の会議を変えることからチームを育てて行く研修プログラムをチームビルディングジャパンと共同開発中です。

今回の対談は「良い会議と悪い会議」。
どうぞご覧ください。

 
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 河村甚の『 チームビルディングの話をしよう 』
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
会議でチームビルディング(6)良い会議と悪い会議

吉田創(以下 そう):チームで活動している時や、会議の時にその場で起こっていることの扱い方によって、チームを成長させることができます。
例えば、会議の中で「今おっしゃっている意味がわからないんですけど」という発言があったとしますね。
よくありがちなのは、「お前ちゃんと勉強してこい」「さっき言ったじゃないか」。

河村甚(以下 じん):あるねー!!

そう:でも、こういう状況の時に、「勉強が足りない」「さっき聞いていなかったのか」という反応ではなく、
「“チームの中にわからない人がいる”というデータが、テーブルに乗っかったのだ」と捉えて、「なんでこれが起きてるんだろうね」という見方をしてみる。
すると、「どうわからないのか、わからないところをもうちょっと詳しく教えてくれるかな」とか「もしかしたらちょっと不安がある?」など、違う働きかけが起こるわけです。
「今おっしゃっている意味がわからないんですけど」という発言によって、チームの状態がわかる。
そしてそれを取り扱うことによって、情報が漏れているところや、扱われていなかったり、語られていなかった領域がわかる。
そして次に進むことができます。
ある意味、会議を通じてチームそのものが成長していくことができるんです。これが一つの理想の状態です。

↓本文はこちら↓
www.teambuildingjapan.com/column/t079.html?mm

╋━━━━━
■ 編集後記
┗━━━━━

◇再び せたすみえ です。

新年度が始まりましたね。
新しい環境で新生活が始まった方も多いのではないでしょうか。

何かが始まりそうなワクワク感と
これまでの環境が変化するソワソワ感。

わたしは新しいことにチャレンジするのが好きです。

でも、自分にとって背伸びして挑戦するような状況のときは
不安になることもあります。

それでも挑戦し続けることができるのは、
“心の安全基地”の存在が大きいです。

チームビルディングジャパンは、みなさんが組織のことで悩んだときに、
拠りどころとなるような存在でありたいと思っています。

4月もがんばっていきましょう。

次回は2018年4月19日にお届けします。どうぞお楽しみに。

▽ご感想・ご意見等はこちらまで
tbj@teambuildingjapan.com

…─…─…─…─…─…─…─…─…─…

【転送自由】メルマガの内容がお役に立ちそうな方がいらっしゃいましたら、ぜひ転送して差し上げてください。
【転載自由】「チームビルディングジャパンによると…」と出典を明らかにしてくださいますようお願いいたします。

▼バックナンバーはこちら
teambuildingmagazine.jp/
▼読者登録、配信先変更、(残念ですが)配信停止はこちら
www.teambuildingjapan.com/contactindex/mailmagazine/

Copyright(c)2018 Team Building Japan Co., Ltd. All rights reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行元 (株)チームビルディングジャパン 
www.teambuildingjapan.com
 
〒101-0062 
東京都千代田区神田駿河台2-11-16 さいかち坂ビル403
Tel:03-5577-3938 Fax:03-5577-3987
 
代 表 取 締 役  河 村 甚
メルマガ編集長  瀬田すみ恵
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

four × two =