【チームビルディングマガジン】コミュニケーションデザインの研究と実践(3)組織づくりの現実


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 チームビルディングマガジン
 https://www.teambuildingjapan.com
 286号    2018.7.12
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは。チームビルディングジャパン せたすみえです。

いつもチームビルディングマガジンをお読みいただき、ありがとうございます。
(はじめましての方は、はじめまして*^-^*)

河村甚の『 チームビルディングの話をしよう 』。

社会福祉法人喜慈会 子中保育園 http://konakahoikuen.com/ 
副園長の大塚裕子さんをお招きして対談をお届けしています。

研究者の視点を持って保育園運営をされる大塚さん。
第3回となる今回は、前回の対談の続きです。

前回の対談では、保育園で新体制を整える際に、メンバー同士が忌憚なく話し合い
今の問題点を洗い出し“デトックス”をおこなったことが話題に上りました。

しかし、“デトックス”は
「共通敵を作ることで仲間になるという、安直なやり方」
であるとも考えれられる・・・という視点から話が深まりました。

どうぞご覧ください。

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 河村甚の『 チームビルディングの話をしよう 』
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コミュニケーションデザインの研究と実践(3)組織づくりの現実

◇ 大塚裕子(ひろねー):
新体制になる際、まずは最初に保育士さんたちに「これまで何が嫌だった?」と尋ね、率直に話し合って、デトックスする場を持ちました。
結果的には、この取り組みはうまくいったのですが、信頼するある人から、こうも言われたんです。
「それはうまくいく方法かもしれないけど、安直だよ、やり方としては」。
すごく深いと思いませんか。この言葉はこの先も忘れないようにしようと思っています。

◆ 河村甚(じん):
どういう意味で「安直」って言ったんだろうね?

◇ ひろねー:
デトックスは大切かもしれないけれど、ある意味、悪者を作ってしまっている、ということだと思う。

◆ じん:
敵を作ることで仲間になるやり方をしているということだね。

↓本文はこちら↓
www.teambuildingjapan.com/column/t086.html?mm

╋━━━━━
■ お知らせ
┗━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【スタッフブログ】スタッフサークル!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
www.teambuildingjapan.com/staffblog/
————————————–
▼ TBJオフィス(日比 千里)
www.teambuildingjapan.com/staffblog/usually/officemap.html
今日は、TBJのオフィスをご紹介!したいと思います。
全体としては、木目調・暖色系が多めのオフィスです。
あまり広くないながらも、レイアウトや家具を工夫して、できるだけ使いやすいオフィスにしています。
————————————–
▼ 仲間と向き合う“半日常”のススメ(菅谷 宏一)
www.teambuildingjapan.com/staffblog/usually/han-nichijo.html
今回は、「あなたのチームに半日常はありますか?」というお話です。
半日常というのは僕のつくった造語です。
・日常:チームのいつもの業務、オペレーション
・非日常:チームのいつもの業務を離れたイベント、研修等(入社式、オフサイトミーティングなど)
半日常は、日常と非日常の間をつなぐ時間。
日常というわけではないけど、完全に非日常というわけでもない、ちょっと特別な日です。
今日のTBJは、まさに半日常でした。
————————————–
▼ 人事・組織系のイベントに行ってきました(安田 有希)
www.teambuildingjapan.com/staffblog/usually/jinjisoshiki.html
「ヒューマンキャピタル」という人事・組織系のイベントに行ってきました。
人を活かした組織づくりをしているチームビルディングジャパンとは親和性が高そうです。
企業ごとのブースやセミナーがいろいろ行われていました。
————————————–

╋━━━━━
■ 編集後記
┗━━━━━

◇再び せたすみえ です。

じんさんとひろねーさんの対談を聞きながら、
ひろねーさんが保育園を運営していく中で
組織に起こっていることに対して真摯に、じっくりと向き合うことを
大切さになさっている姿勢に共感しました。

組織作りには「こうすれば絶対うまくいく!」という解があるわけでも
最終的に「こうなったから完成!」というゴールがあるわけでもない。

そのような中でも、組織作りに真摯に取り組む人たちの
拠りどころにチームビルディングジャパンがなれるような
つながりと場を作っていこうと思っています。

来週は歴代のメルマガ対談者の方の“夏の夜の集い”を開きます。
楽しみです*^-^*

次回は2018年7月26日のお届けとなります。続きをどうぞお楽しみに。

▽ご感想・ご意見等はこちらまで
tbj@teambuildingjapan.com

…─…─…─…─…─…─…─…─…─…

【転送自由】メルマガの内容がお役に立ちそうな方がいらっしゃいましたら、ぜひ転送して差し上げてください。
【転載自由】「チームビルディングジャパンによると…」と出典を明らかにしてくださいますようお願いいたします。

▼バックナンバーはこちら
teambuildingmagazine.jp/
▼読者登録、配信先変更、(残念ですが)配信停止はこちら
www.teambuildingjapan.com/contactindex/mailmagazine/

Copyright(c)2018 Team Building Japan Co., Ltd. All rights reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行元 (株)チームビルディングジャパン
www.teambuildingjapan.com

〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台2-11-16 さいかち坂ビル403
Tel:03-5577-3938 Fax:03-5577-3987

代 表 取 締 役  河 村 甚
メルマガ編集長  瀬田すみ恵
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

7 + 5 =