影のファシリテーション


━☆━…‥…━…‥‥…━…‥‥…━…‥‥…━…‥‥…━…‥‥…━━

【チームビルディングマガジン】
~影のファシリテーション~

(株)チームビルディングジャパン
vol.56 2009.9.17

━━…‥…━…‥‥…━…‥‥…━…‥‥…━…‥‥…━…‥‥…━☆━

こんにちは。ついに娘のクラスでインフル発生。
学級閉鎖のおそれにヒヤヒヤしている
チームビルディングジャパン せたすみえ です。

いつもお読みくださりありがとうございます。
はじめましての方は、はじめまして*^-^*

さて、“ファシリテーション”という言葉を
知らない方がほとんどという環境の中で

「ファシリテーションってすごいんです!取り入れませんか!」

と意気込んでしまって

「なにそれ-_-?」

という反応にあったことはありませんか?

(わたしは痛い目にあったことがあります ^-^;)

「ファシリテーターです!」

と言ったりせずに、一参加者としてその場をこっそり
ファシリテートするためにはどんなことができるでしょうか。

河村甚連載コラム『チームづくりレシピ』では
影のファシリテーションについて考え、

編集後記ではファシリテーターと名乗らずに
PTAで隠れファシリテーションを実践中の
せたすみえが活動報告をいたします。

(※今回の編集後記は 社長から
「これは編集後記なのか!?」と突っ込みが入るほどの
充実・長文バージョンとなっておりますので
お手すきのときにお読みくださいませ)

では本編スタートです。

——-INDEX———————————————–

■1■ 河村甚連載コラム『チームづくりレシピ』
~影のファシリテーション~

■2■ ばんちょーのHave it your way!
~チームクッキング in北海道はでっかいどう!~

■3■ 講座・勉強会開催情報
~チームビルディング講座・勉強会のご案内~

■4■ ブログ情報
~スタッフが交替で更新しています~

■◇編集後記◇■
~隠れファシリテーション実践中~

———————————————————–

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■1■ 河村甚連載コラム 『チームづくりレシピ』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

~影のファシリテーション~

「うちは無駄な会議が多すぎる!」
「会議に時間がとられて本当にやるべき仕事が出来ない!」

という話をよく聞きます。そんな時に自分が何の権限もない一参
加者だとしても出来る事がたくさんあります。意識せずに皆さん
が行っている事がその場の流れを作っているかも知れません。

《本文はこちら》
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/80yw99y01fmp5eao2q

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■2■ ばんちょーのHave it your way!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

~「チームクッキング in北海道はでっかいどう!」~

こんにちは。ばんしょうです。
今回のプログラムはここで何度か紹介しているチームクッキング!
チームクッキングとは5人くらいのチームで用意されている食材を
使って即興で料理をするプログラム。

実は先日北海道で行ったチームクッキングが参加者の方にピッタリ
にカスタマイズされていて大盛況だったのでちょこっとご紹介!

その名も「チームクッキング in北海道はでっかいどう!」です。

《概要》
2日間の研修での1日目の夜ごはんにチームクッキングを実施。

参加者は研修初日の緊張とアクティビティで1日中走り回って
ヘロヘロ~&くたくた(>_<) そしてもちろんおなかペコペコ。
にもかかわらずなぜかキャンプ場に呼び出され

「なぜキャンプ場!?」

と誰もが思いながら到着。

「!!!」

おぉ~(☆o☆)なんだかプロっぽい人がいる。
今日はシェフが豪華にBBQスタイルでおいしいものを作ってくれる
のかも♪ と期待したのもつかの間・・

「今日のスペシャルシェフは皆さんでーす!」

ということでチームでクッキングスタート!

つづきはこちら→
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/80ywa9y01fmp5eao2q

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■3■ 講座・勉強会のお知らせ・ご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
9月 チームビルディング勉強会
~「隠れファシリテーション」~
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

「うちは無駄な会議が多すぎる!」
「こんな進行じゃぁ、発言なんて出るわけがないよ」
と日頃お嘆きのみなさまも多いのではないでしょうか。

会議において自分が何の権限もない一参加者だとしても
その場の流れをつくるためにできることはたくさんあります。

仰々しく「ファシリテーターです!」と構えることなく
場の流れをつくるためには どのようなことができるのか

今回の勉強会では「隠れファシリテーション」について
対話を通して考えましょう。

■開催日時:2009年 9月29日(火) 19:00~21:00
■会 場:ちよだプラットフォーム5F 会議室502
(東京都千代田区神田錦町3‐21)
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/80ywb9y01fmp5eao2q
■参 加 費:3,000円(税込)
《詳細・お申込はこちら》
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/80ywc9y01fmp5eao2q

☆9月勉強会は 河村甚に代わりまして
久しぶりに せたすみえ が担当することになりました。
みなさまのご参加をお待ちしています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■4■ ブログ情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
—————————————————————
☆ 河村甚プライベートブログ【チームビルディング日記】
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/80ywd9y01fmp5eao2q
—————————————————————
☆ スタッフブログ【スタッフサークル!】
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/80ywe9y01fmp5eao2q
—————————————————————

■■■◇ 編集後記 ◇■■■

再び せたすみえです。

冒頭でもお断りさせていただきましたが

今回の編集後記は 社長チェックの際に
「これは編集後記なのか!?」と突っ込みが入るほどの
充実・長文バージョンとなっております。

(社長を押し切って載せちゃいました)

お手すきのときにお読みくださいね。

さてさて、

PTA活動における せたすみえのジタバタぶりを
「その後どうなったか聴きたい!」
という声に押されて

編集後記でも何度か取り上げている
50周年記念行事ですが、

周年に向けての打合せでは、研修のときのように

「ファシリテーターのせたすみえです *^▽^*」

なんて言ったりしてません。

それでも、

「せたさんって何者!?」

と(本人の耳にも届くほどの)反応があちこちからあって、
驚いています。

(何者ってなんだ……)

何がヒットするのか、推測してみると

新参者の一担当責任者として参加している運営委員会で
やっていることと言えば…

■誰が、何を、いつまでにやるのか確認する。

「すいません、確認させていただいていいですか。
○○さんから△△さんに●●をご提出。
それで、期限はいつまでですか?」

■ねらいとゴールをあいまいにしない。確認する。

「それで、○月□日の部会が終わったときに、
どんな状態になっていればいいですか?」

■話合いが混迷しているときでも全体像を見失わない。
質問しながら道筋を明らかにさせていく。

「すいません、よく分からなくなってきたので、
いったん整理させてもらっていいですか。
●●は○○ということでわたしの理解は合ってます?
ここまではみなさんOKなのでしょうか。」

任されている担当(約30名)の集まりでは
場づくりから練ってますね。

■ワークショップ形式にする。

一方的な伝達や、情報提供だけでなく、
主体的な参加・協力を促す。そのために、
頭で考えるだけでなく、とにかく動いて試してみる。
試したら、必ず振り返りを行って共有する…
という流れで会の進行を組み立てる。

計画・準備する→案をもとに動いてみる
→振り返りを行って改善点を洗い出す→試してみる
…の繰り返し。

■ホワイトボードに書きまくり。

同じものを見ながら話を進めることによって
話し合いも整理されるし、各々別の捉え方をしていた…
なんてことも防げます。

スタッフに「自分の意見が受けとめられている」
という安心感も与えられるみたい。

■決定権者を巻き込んで、ワークアウト方式。

エライ人たちにも同席していただいてしまう。

スタッフからの提案に対してYESならその場で即決、
NOなら明確な理由がそこで述べられる。

その場で決められないことに関しては、
次回の集まり冒頭で検討結果を報告。

■「質問はありますか?」で終わらせない。

どうしたら質問してもらえるかを考え、
質問の出やすい場づくりをする。
(グループサイズを小さくする、
実際に体を動かして試してみた後に質問を募る、等)

そして大切なのは、
どんな質問・提案でも歓迎し、一旦受けとめること。

集まり終了後に、参加していたスタッフの一人が
駆け寄ってきてくれました。

「すごいですね、せたさん。
みんなの意見をきちんと受け止めてて。
あんなに質問されて、イライラしないんですか!?」

イライラは全然しません(笑)
むしろ有難いです。

質問を説明不足や詰めの甘さに対する批判と捉えて
「それはですね、」といきなり反論しない。

質問してくれたことにまず「ありがとう^-^」ですね。

こう書き出してみると、
当たり前のことばかりですね~。

でも、当たり前のことをやってみるのと
そうでないのとでは大違い。

古参の運営委員メンバーからは

「実は今まで前向きな話し合いができなかった。
ぐんと話が前に進むようになった。」

と喜んでいただいています。

PTAなどの地域活動では、権威を振りかざして仕切っても
そっぽを向かれてしまいます^-^;

みんなで共に創りあげるファシリテーションは
本当に有効だなぁと感じています。

編集後記が一番長くなってしまいました^-^;
今回も最後までお読みくださり ありがとうございました*^-^*

◇《ご感想はこちらまで》 tbj@teambuildingjapan.com
◇次回は 2009年10月1日 にお届けいたします。

*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*

◇このメルマガは転送自由です。
メルマガの内容が役に立てそうな方がいらっしゃいましたら、
ぜひ転送して差し上げてください。

◇このメルマガの内容は転載自由ですが、
「チームビルディングジャパンによると・・・」
と出典を明らかにしてくださいますようお願いいたします。

◇このメルマガのバックナンバーはこちらで読むことができます。
→ http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/80ywf9y01fmp5eao2q

◇RSSリーダーの登録はこちらからできます。
→ http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/80ywg9y01fmp5eao2q

◇配信先のアドレスを変更したい方
◇とても残念ですが 配信停止をご希望の方
こちらから変更/解除ができます。
→ http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/80ywh9y01fmp5eao2q

Copyright(c) 2009 Team Building Japan Co., Ltd. All rights reserved.
*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行元 (株)チームビルディングジャパン
http://www.teambuildingjapan.com/

〒101-0047
東京都千代田区内神田1-1-5 ベンチャーKANDA 408
Tel. 03-6479-8854 Fax. 050-3588-1839

代表取締役   河村 甚
メルマガ編集長 瀬田すみ恵
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

thirteen − 1 =