【チームビルディングマガジン】組織の中で「やるべき事」が出来ない時に


◆◆◆◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◆◆◆  【チームビルディングマガジン】 vol.195
◆◆◆   http://www.teambuildingjapan.com
◆◆                         2015.1.15
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 こんにちは。
 チームビルディングジャパン せたすみえです。
 
 いつもチームビルディング・マガジンをお読みいただき
 ありがとうございます。
 
 (はじめましての方は、はじめまして*^-^*)
 
 
 その組織の中では当然やるべきだとされていることにもかかわらず
 自分はどうしても上手くいかない、気が進まない……ということは
 ありませんか。
 
 今号の河村甚コラムでは、その場合に陥っていまいがちな
 二つのワナを紹介しています。
 
 一つは、
 「上手くいかないのは自分が悪い」と考えてしまうこと。
 
 そしてもう一つは、
 「上手くいかないのはルールや上司などが悪い」と考えてしまうこと。
 
 
 詳しくは〔 組織の中で「やるべき事」が出来ない時に 〕をご覧ください。
  http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/e0m964s0totaz6qur3bJe
 
 みなさまのチームづくりの一助になれば幸いです。
 
 
 では、本編スタートです。

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 河村甚の連載コラム『 チームビルディング・ノート 』
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  〔 組織の中で「やるべき事」が出来ない時に 〕

会社のルールや上司の指示など、誰しも仕事をしていれば色々なフレー
ムを与えられ、その中で一定の成果を上げる事を求められます。しかし、
そこでやるべきことを上手く出来る人と出来ない人が居ます。例えば
「とにかく営業はたくさんアポを取ってたくさん人に会うことだ」と言
われても人に会う量を増やすことが上手く出来ない人がいたり、「情報
共有のために日報を毎日書け」と言われても書けない人がいたり。

特に経験が無いうちは言われた通りただガムシャラにやってみることは
大事で、何かの成果は必ず得られるはずです。しかし、このような時に
上手く出来ない事から陥ってしまいがちな二つのワナがあります。

今回はこのワナにかからない為の捉え方について考えてみましょう。

  ▼本文はこちら
  http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/e0m974s0totaz6qur3MJm

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ お知らせ
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  第76回 チームビルディング・カフェ
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

《 フロー理論について話そう! 》
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/e0m984s0totaz6qur3bXN

チクセントミハイ博士により提唱されたフロー理論は、人が集中力を発
揮し、夢中になって何かに取り組んでいるとき、どんな精神状態にある
かや、その状態になれる条件などについて研究してできた理論です。

チームビルディングのプログラムにおいても、この理論の視点からプロ
グラムをつくることとで学びを深めています。また、仕事においてメン
バーのモチベーションを維持・向上していくためにも、フロー理論の視
点は活用していくことができます。

今回はこのフロー理論についての動画や資料を見たうえで、参加者同士
で対話をしながら学び合いたいと思います。

少しでもご興味のある方は、ぜひお申込みください。
皆さまのご参加をお待ちしております。

…─…─…─…─…─…─…─…──…─…─…─…─…─…─…─…
【開催日】2015年2月2日(月)19:00〜21:00(受付18:45〜)
【定 員】10名
【参加費】無料
【会 場】チームビルディングジャパン オフィス
      http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/e0m994s0totaz6qur3IIP
     住所:東京都千代田区神田駿河台2-11-16 さいかち坂ビル403
         水道橋駅(JR線、都営三田線)徒歩5分
         御茶ノ水駅(JR線)徒歩10分
         神保町駅(東京メトロ、都営三田線)徒歩13分
【お申込み】
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/e0m9a4s0totaz6qur38n1
…─…─…─…─…─…─…─…──…─…─…─…─…─…─…─…

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 編集後記
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆再び せたすみえ です。

今回のコラムは〔 組織の中で「やるべき事」が出来ない時に 〕という
テーマでお送りしました。
  http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/e0m9b4s0totaz6qur3dow

A or Bの選択をしなければならないかのようなとらわれから脱し
本質に目を向けるために、次のような問いかけが有効であると紹介されています。
———————————————————————–
 ●A or Bの選択肢にとらわれていないだろうか? まずA or Bの判断を保留してみよう
 ●今自分は近視的なっていないだろうか? 俯瞰できているだろうか?
 ●今自分はどんな感情を持っているだろう?
 ●この不快感はなぜ現れたのだろうか?
———————————————————————–

◆第3案を考えたり、一度俯瞰して考えるたりすることは
日頃からやっていても、

「今自分はどんな感情を持っているだろう?」
「この不快感はなぜ現れたのだろうか?」と、

自分の感情に目を向けることは少ないと感じられた方も
いらっしゃるのではないでしょうか。

◆今回のテーマ「組織の中でやるべき事が出来ない時」のように
自分にとって望ましくない状況に陥ったとき、

内側の感情に目を向けてみると、

できていないということ自体を否定したり、
周りに対して怒りをぶつけたり、
逆に自分を責めたり、
言い訳したくなったり、
無力さに落ち込んだり……。

さまざまな感情の動きが起こっています。

◆ばらばらな感情に見えますが、
これらはすべて、受け容れるプロセスのなかで起こる感情です。

わたしも、大きな「自分にとって望ましくない事態」が起きて
次々といろいろな感情が込み上げてきたことがありました。

ほんとに起こったことなのかな、と疑ってみたり、
自分に原因があるのではないか、自分にできることがあったのではないかと
悩んでしょんぼりしたり、言い訳したり、怒ってみたり。

いろんな気持ちが次々と泡のように湧いてきてました。
でも、その気持ちに気づいて感じ切ると次第に落ち着きを取り戻しました。

◆「どう対応すべきか」「どのように手を打つべきか」
と考える前に少し立ち止まり、
「自分がどう感じているか」にも目を向けてみること。
もし周りに気持ちを分かち合えるような信頼できる方がいるなら
心を開いて話してみること。どうぞ試してみてくださいね。

  ▼ご感想・ご意見等をぜひお聴かせください
  tbj@teambuildingjapan.com

次回は 2015年 1月 29日 にお届けします。

…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…
【 転送自由 】メルマガの内容がお役に立てそうな方がいらっしゃいまし
たら、ぜひ転送して差し上げてください。
——————————————————————
【 転載自由 】「チームビルディングジャパンによると…」と出典を明ら
かにしてくださいますようお願いいたします。
——————————————————————
▼【 バックナンバー 】
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/e0m9c4s0totaz6qur3hsv
——————————————————————
▼【 読者登録 】【 配信先変更 】【 (とても残念ですが)配信停止 】
http://k.d.combzmail.jp/t/al4v/e0m9d4s0totaz6qur3rww
…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…
Copyright(c)2015 Team Building Japan Co., Ltd. All rights reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 発行元 (株)チームビルディングジャパン
 http://www.teambuildingjapan.com
 
 〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台2-11-16さいかち坂ビル403
 Tel:03-5577-3938 Fax:03-5577-3987
 
 代 表 取 締 役  河 村 甚
 メルマガ編集長  瀬田すみ恵
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 × 1 =