【チームビルディングマガジン】チームビルディングとは

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 チームビルディングマガジン
 https://www.teambuildingjapan.com
 301号      2019.2.7
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは。チームビルディングジャパン
瀬田すみ恵です。

チームビルディングマガジンをお読みいただき、
ありがとうございます。
(はじめましての方は、はじめまして*^-^*)

今号から、河村甚の新コラム
『チームビルディング・バイブル』が始まります。

—————————————————————

 10年以上ずーっとチームビルディングをやり続けてきて、
 一つの理解にたどり着いてきたところがある。

 「チームビルディングってこういうものだよね」という
 ある意味“答え”となるものをこれからは発信していきたい。

 「本質は何だろう」と探求してきて見つけたものを相手に伝えることで、
 その人が救われた顔をするのを見てきた。

 ちょっとでも誰かの救いになることがわかっているなら、
 だったら伝え広めていかなきゃ、と思う。

—————————————————————
   ▽300号河村&瀬田 振り返り対談より
   https://www.teambuildingjapan.com/column/t100.html?mm

このような思いで始めることになった新コラム、
『チームビルディング・バイブル』の初回のテーマは、

 「チームビルディングとは」です。

どうぞご覧ください。

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 河村甚の『 チームビルディング・バイブル 』
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 〜チームビルディングとは〜

—— まずはじめに、「チームビルディングとは何か」について教えてください。

チームビルディングとは、ざっくりいうと「組織作り」のことです。

——「組織作り」。具体的には、どのような組織を作るのでしょうか。

私たちが作っているのは「フラット型組織」です。
「フラット型組織」とは、人と人が有機的につながり合って、受け入れ合っている。

一人ひとりが、自分らしくいることができ、かつ全体でも、チームらしくある。
そして、成果を出していくことができる。そんな組織です。

—— 目指すべき優れた組織構造は「フラット型組織」である、ということですか?

▽ 本文はこちら
www.teambuildingjapan.com/column/b001.html?mm

╋━━━━━━━
■ お知らせ
┗━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
チームビルディング・カフェのご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「チームビルディング・カフェ」は、
チームビルディングに興味のあるメンバーで集まり、
ともに学び合う勉強会です。

以下の日程での開催を予定しております。
どうぞお楽しみに!

 第95回:3/15 太一さん「アニメから考えるチームビルディング(仮)」
 第96回:5/17 Sapanaさん「遊び」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【スタッフブログ】スタッフサークル!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
www.teambuildingjapan.com/staffblog/
————————————–
▼ チームビルディングジャパンのキックオフ2019(河村 甚)
www.teambuildingjapan.com/staffblog/teambuilding/kick-off-2019.html
先日、チームビルディングジャパンのキックオフ・ミーティングがありました。
今年はオフサイトでも何でもなく、思い切りオンサイト。
チームビルディングジャパンのオフィスで行いました。
太鼓をたたいたり、手を動かして作品をつくったり、
特に今回は感性系で共感共有を大切にしたキックオフになりました。
————————————–
▼ 【レポート】Happyなチームの前に、Happyな自分の働き方を発散してみる(森 太一)
www.teambuildingjapan.com/staffblog/event/tbcafe094.html
Happyになる為に、理想を叶えていくために、今を過ごしたとしても、
今「Happy」でなかったら本末転倒なんじゃないか。
何かを達成したら、ある瞬間からHappyになるのではなく、
この瞬間からHappyになるんじゃないかと思いました。
そこで、自分にとってのHappyとは何かを皆さんと一緒に考えました。
————————————–
▼ スパイ大作戦(日比 千里)
www.teambuildingjapan.com/staffblog/program/0130spy.html
今日は、新プログラムのトライアル会を行いました!
テーマはスパイ。チームでシークレットミッションに取り掛かります。
————————————–
▼ 節分〜(今井 紫園)
www.teambuildingjapan.com/staffblog/usually/setsubun.html
みなさんは豆まき、しましたか? 
今年もお面を手作りしてオフィスで豆まきをしました。
今年の鬼はチームビルディングジャパンのメンバーではなく、
チームビルディングジャパンに昔から馴染みのあるお客さまです笑
なんて心の優しい方。
————————————–

╋━━━━━━━
■ 編集後記
┗━━━━━━━
◇再び瀬田すみ恵です。

今号より、河村甚コラムの新シリーズ、
『チームビルディング・バイブル』が始まりました。
www.teambuildingjapan.com/column/b001.html?mm
もうご覧いただけましたか。

◇メルマガ100回ごとに、
次はどんなコンセプトで発信していこうか〜と
じんさんと相談しながら決めています。

◇201〜300号は様々な切り口で
チームビルディングについて考える、
対談形式のコラムでした。

多様な背景を持つ方々とたくさんのご縁をいただき、
大変有意義な機会となりました。
(みなさま、ありがとうございました。)

◇新シリーズでは、チームビルディング専門家であるじんさんに
チームビルディングについて1対1でインタビューできる機会。
(贅沢です^-^)
これから100回、学びを楽しんでいきたいと思います。

▽ご感想・ご意見等はこちらまで
tbj@teambuildingjapan.com

次回は2019年2月14日のお届けとなります。
…─…─…─…─…─…─…─…─…─…
【転送歓迎】
メルマガの内容がお役に立ちそうな方がいらっしゃいましたら、ぜひ転送して差し上げてください。
【転載歓迎】
「チームビルディングジャパンによると…」と出典を明らかにしてくださいますようお願いいたします。
▼バックナンバーはこちら
teambuildingmagazine.jp/
▼読者登録、配信先変更、(残念ですが)配信停止はこちら
www.teambuildingjapan.com/contactindex/mailmagazine/

Copyright(c)2019 Team Building Japan Co., Ltd. All rights reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行元 (株)チームビルディングジャパン
www.teambuildingjapan.com

〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台2-11-16 さいかち坂ビル403
Tel:03-5577-3938 Fax:03-5577-3987

代 表 取 締 役  河 村 甚
メルマガ編集長  瀬田すみ恵
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【チームビルディングマガジン】皆様ありがとうございました!

◇◆ チームビルディングジャパン HAPPY PROJECT 始動!◆◇
 
「2020年末までに、私たちは100万人にチームビルディングを届ける」
 チームビルディングジャパン HAPPY PROJECT
 https://www.teambuildingjapan.com/happyproject/
チームビルディングのエッセンスをまとめました。是非ご覧ください!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 チームビルディングマガジン
 https://www.teambuildingjapan.com
 300号    2019.1.24
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは。チームビルディングジャパン せたすみえです。
 
今年もチームビルディングマガジンをお読みいただき、ありがとうございます。
(はじめましての方は、はじめまして*^-^*)
 

コラム祝・第300回!

・・・ということで、
いつもの河村甚コラムはちょっとお休み。

チームビルディングジャパン社長で
コラム担当の河村甚(以下じん)さんと、

ファシリテーター&メルマガ編集長の
瀬田すみ恵(以下すみえ)で

これまでの軌跡を振り返り、
今後の展望を話し合いました。
  
 
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 河村甚の『 チームビルディングの話をしよう 』
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「皆様ありがとうございました!」

すみえ:
2007年8月のメルマガ創刊以来、河村甚コラムを隔週で配信してきました。12年間、コツコツと積み重ねて300回。よく続いてきましたね〜。

じん:
そうだね〜。

すみえ:
1号から100号は『チームづくりレシピ』。2007年頃は、現在と違って“チームビルディング”という言葉も一般的とはいえない状況でした。
その中で、「チームビルディングとは何か」「組織作りには何が必要なのか」発信を始めました。

▽ 本文はこちら
www.teambuildingjapan.com/column/t100.html?mm

╋━━━━━
■ お知らせ
┗━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━
第94回 チームビルディング・カフェ
Happyなチームの前に、Happyな自分の働き方を “発散” してみる
━━━━━━━━━━━━━━━━━

「チームビルディング・カフェ」は、チームビルディングに興味のあるメンバーで集まり、ともに学び合う勉強会です。

今回は、現役ホームレス医大生(休学中)で、1月からチームビルディングジャパンでインターンを始める森 太一さんとつくるカフェです。
Happyなチームをつくる前に、チームでHappyに働く前に、まず自分はどういう働き方をしてみたいんだっけ?
太一さんの話をきいて、みんなでわちゃわちゃと話し合って、イメージを膨らませてみましょう!

【こんな方をお待ちしています!】
・自分の生き方を見つめなおしてみたい
・職場等で何かモヤモヤする
・何か楽しくない
—————————————————-
【日時】2019年1月25日(金)19:00〜21:30
【場所】チームビルディングジャパン オフィス(水道橋)
www.teambuildingjapan.com/company/access/
【定員】16名程度 (先着順)
【参加費】無料
—————————————————-
▽ 詳細・お申込みはこちら
www.teambuildingjapan.com/workshop/c094

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 期間限定!特別価格モニタープログラム募集【75%ゲーム】
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ゲーム形式で楽しみながらも、お互いを知り、新たな一面が発見できるプログラムです。
短時間で、気軽にチームビルディングが行えます。運営者、運営キットを全て揃えてご提供。当日は、幹事様も参加者の一員としてお楽しみいただけます。
開発して間もない新プログラムのため、期間限定・特別価格でのご案内です!

【こんな方にぴったり!】
・忘年会や新年会の一部に、参加者同士の懇親を深めるようなコンテンツを入れたい。
・キックオフミーティングで集まる機会に、ちょっとした交流のきっかけをつくりたい。
・全社会議の合間に参加者がリフレッシュできるような手軽なプログラムを探している。
————————————————————————– 
対象者:企業、団体 (学生不可)
時間:2〜3時間
人数:8〜30名まで(30名以上の場合、応相談)
会場:研修室、バンケットなど
料金:30名様まで一律 80,000+税 (会場費別)
提供時期:2018年12月〜2019年1月末日
提供条件:
(1)実施中の写真を今後の資料として使用させていただけること(応相談)。
(2)実施直後、ご担当者様や参加者様にアンケートのご協力をいただけること。
————————————————————————– 
▽ 詳細・お問合せはこちら
www.teambuildingjapan.com/program/event/seventy-five/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【スタッフブログ】スタッフサークル!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
www.teambuildingjapan.com/staffblog/
————————————–
▼ インターンのメンバーが加わりました(安田 有希)
www.teambuildingjapan.com/staffblog/usually/intern.html
年明けからチームビルディングジャパンに、インターンのメンバーが加わりました。
名前は太一さん。
印象は、素直でなんでも吸収できる力と、自分から物事を動かしていく力の両方を持ち合わせている感じ。
大学生のうちから活動的に動いていて、私たちも学ぶことが多そうです。
————————————–
▼ ジグソーメソッド(松澤 拓矢)
www.teambuildingjapan.com/staffblog/theory/jigsawmethod.html
最近、ジグソーメソッドというものについて調べる機会があり、ご紹介して見たいと思います。
2カ所違うところで同じ名前を聞いて、面白かったので。
1つ目がパートナーのハートクエイクと一緒に販売している「野球のポジション当てゲーム」
もう一つが、新しい読書会の手法として広がっているアクティブブックダイアローグ(ABD)という手法です。
————————————–
▼ はじめまして、ホームレス医大生のたいちです(森 太一)
www.teambuildingjapan.com/staffblog/usually/hello-taichi.html
はじめまして、チームビルディングジャパンでインターンをする太一です。
普段は最北端の医大で、医学を学んでいます。
1月半ばから休学し、東京や大阪、海外で様々に活動する予定です!
その中でも『Happyで在る』『Happyに働く』ということをとても大事にしたいと思っています
というのも、最初は楽しかったはずのことが、自分が望んで始めたことが、
ある時、振り返ってみると、『あれ、苦しくなっている??!!』みたいなことが、たまにあるなと思うのです。
————————————–

╋━━━━━
■ 編集後記
┗━━━━━

再び せたすみえ です。

300号振り返りをお読みいただき
ありがとうございました。

2007年、メルマガを配信することを決め、
その目玉として河村甚コラムを中心に据えました。

まずは100回、

もう100回、

次の100回・・・

目の前の目標に向かって
一歩一歩足を踏み出して歩んできて

ふと振り返ってみてみたら、十数年。
随分遠くまで来たなぁ・・・。

編集後記まで読んでくださっているみなさん、
本当にありがとうございます。

次回301号からは、河村甚の新コラムが始まります。
これからもよろしくお願いします。

▽ご感想・ご意見等はこちらまで
tbj@teambuildingjapan.com
 
次回は2019年2月7日のお届けとなります。

…─…─…─…─…─…─…─…─…─…

【転送歓迎】
メルマガの内容がお役に立ちそうな方がいらっしゃいましたら、ぜひ転送して差し上げてください。
【転載歓迎】
「チームビルディングジャパンによると…」と出典を明らかにしてくださいますようお願いいたします。

▼バックナンバーはこちら
teambuildingmagazine.jp/
▼読者登録、配信先変更、(残念ですが)配信停止はこちら
www.teambuildingjapan.com/contactindex/mailmagazine/

Copyright(c)2019 Team Building Japan Co., Ltd. All rights reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行元 (株)チームビルディングジャパン
www.teambuildingjapan.com

〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台2-11-16 さいかち坂ビル403
Tel:03-5577-3938 Fax:03-5577-3987

代 表 取 締 役  河 村 甚
メルマガ編集長  瀬田すみ恵
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【チームビルディングマガジン】チームビルディングは楽じゃない(7)当たり前になるチームビルディング

◇◆ チームビルディングジャパン HAPPY PROJECT 始動!◆◇
 
「2020年末までに、私たちは100万人にチームビルディングを届ける」
 チームビルディングジャパン HAPPY PROJECT
 https://www.teambuildingjapan.com/happyproject/
チームビルディングのエッセンスをまとめました。是非ご覧ください!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 チームビルディングマガジン
 https://www.teambuildingjapan.com
 299号    2019.1.10
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは。チームビルディングジャパン せたすみえです。
 
今年もチームビルディングマガジンをお読みいただき、ありがとうございます。
(はじめましての方は、はじめまして*^-^*)

2019年もよろしくお願いいたします。
 
 
河村甚がゲストをお迎えして対談する『 チームビルディングの話をしよう 』。
PROCESS Laboratory( www.processlabo.com/ )主宰、
株式会社ジョイワークス( www.joyworks.co.jp/ )コンサルタントの
飯島邦子さんをお迎えしてお届けしてきました。
 
チームと人のもつ力を信じる二人の対談。いよいよ最終回となりました。最後までどうぞご覧ください。
 
 
 
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 河村甚の『 チームビルディングの話をしよう 』
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

チームビルディングは楽じゃない(7) 日常の当たり前になるチームビルディング

河村甚(以下、じん):
チームビルディングが目指すところとしては、最終的には、働く場や日常の組織のチームが、良くなっているってことが一番大事。

飯島邦子(以下、くに):
チームビルディングのためにファシリテーションがあって、その先には、現場のチームが良くなる、ってことがある。一人ではなくチームで生きてるということを感じられるといいな、と思う。

じん:
おぉ! なんか名言っぽくない?それ!

くに:
色んな人とチームが組める人が増えるといいな。目的によってね。チームを固定しなくていいと思ってて。今日はこのチーム。明日はこのチームで、みたいな。それがすぐにチームとしてガーッとできるようにするためのチームビルディングが大事だし、ファシリテーションが大事。表面的なテクニックだけじゃないものをみんなが感じ取って働きかけられるようになると、世の中もっと良くなるんじゃないかな、と。

じん:
それは今の時代のキーだよね。いろんなチームを組んだり、チームを組み替えたりということが社会的に非常にしやすくなってきているし、そうする必要性も出てきている。

▽ 本文はこちら
www.teambuildingjapan.com/column/t099.html?mm

╋━━━━━
■ お知らせ
┗━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━
第94回 チームビルディング・カフェ
Happyなチームの前に、Happyな自分の働き方を “発散” してみる
━━━━━━━━━━━━━━━━━

「チームビルディング・カフェ」は、チームビルディングに興味のあるメンバーで集まり、ともに学び合う勉強会です。

今回は、現役ホームレス医大生(休学中)で、1月からチームビルディングジャパンでインターンを始める森 太一さんとつくるカフェです。
Happyなチームをつくる前に、チームでHappyに働く前に、まず自分はどういう働き方をしてみたいんだっけ?
太一さんの話をきいて、みんなでわちゃわちゃと話し合って、イメージを膨らませてみましょう!

【こんな方をお待ちしています!】
・自分の生き方を見つめなおしてみたい
・職場等で何かモヤモヤする
・何か楽しくない
—————————————————-
【日時】2019年1月25日(金)19:00〜21:30
【場所】チームビルディングジャパン オフィス(水道橋)
www.teambuildingjapan.com/company/access/
【定員】16名程度 (先着順)
【参加費】無料
—————————————————-
▽ 詳細・お申込みはこちら
www.teambuildingjapan.com/workshop/c094

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 期間限定!特別価格モニタープログラム募集【75%ゲーム】
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ゲーム形式で楽しみながらも、お互いを知り、新たな一面が発見できるプログラムです。
短時間で、気軽にチームビルディングが行えます。運営者、運営キットを全て揃えてご提供。当日は、幹事様も参加者の一員としてお楽しみいただけます。
開発して間もない新プログラムのため、期間限定・特別価格でのご案内です!

【こんな方にぴったり!】
・忘年会や新年会の一部に、参加者同士の懇親を深めるようなコンテンツを入れたい。
・キックオフミーティングで集まる機会に、ちょっとした交流のきっかけをつくりたい。
・全社会議の合間に参加者がリフレッシュできるような手軽なプログラムを探している。
————————————————————————– 
対象者:企業、団体 (学生不可)
時間:2〜3時間
人数:8〜30名まで(30名以上の場合、応相談)
会場:研修室、バンケットなど
料金:30名様まで一律 80,000+税 (会場費別)
提供時期:2018年12月〜2019年1月末日
提供条件:
(1)実施中の写真を今後の資料として使用させていただけること(応相談)。
(2)実施直後、ご担当者様や参加者様にアンケートのご協力をいただけること。
————————————————————————– 
▽ 詳細・お問合せはこちら
www.teambuildingjapan.com/program/event/seventy-five/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【スタッフブログ】スタッフサークル!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
www.teambuildingjapan.com/staffblog/
————————————–
▼ メルマガのウラガワ(日比 千里)
www.teambuildingjapan.com/staffblog/usually/mail2018.html
今日は、メルマガのウラガワの話を少し。チームビルディングジャパンのメルマガは、じんさんとすみえさんの2人で、会社の創業当初から(もう10年以上!)続いています。年月を経るごとに、内容やスタイルは少しずつ変化していますが、2人で対話をしながら内容を練り上げ、編集長であるすみえさんがまとめるというスタイルは変わっていません。最近のメルマガ作成中の様子(画像)
————————————–
▼ 2018年を振り返り、2019年を望む(菅谷 宏一)
www.teambuildingjapan.com/staffblog/usually/hello2019.html
今回は新年らしく、抱負記事を書いてみたいと思います。

・2018年を振り返って
1.TBJ の枠を越えた連携を促し、ビジョンを全体達成
2.ミーティングデザインやツール開発を通して、チームビルディングを日常に
3.やりたいことをやれるように、ちゃんと稼ぐ
+夫婦でのチームビルディングにしっかり取り組む

・2019年を望む
1.広く聴く、広く報せる(広報広聴)
2.じっくり、ちゃんと関わる(継続的な組織づくり)
3.何でも引き受けない、断ることは断る
————————————–

╋━━━━━
■ 編集後記
┗━━━━━

再び せたすみえ です。
今号でこのメルマガも299号となりました。

ブログで千里も紹介してくれましたが、じんさんと二人三脚、もう約11年半続けてきたことになります。時が経つのは早いものですね〜。

▽ メルマガのウラガワ
www.teambuildingjapan.com/staffblog/usually/mail2018.html

メルマガのなかでも特に河村甚のコラムは、「チームビルディングを伝えたい」という思いのもと、100号ごとに少しずつ形を変えつつ、ずっと続いてきたコーナーです。

1号から100号までは『チームづくりレシピ』(2007年8月〜2011年6月)

101号から200号は『チームビルディング・ノート』(2011年6月〜2015年3月)

そして2015年4月からは現在の『 チームビルディングの話をしよう 』。201号から299号まで、ゲストを招いて対談形式でお送りしてきました。

対談形式は299号をもって終了し、301号からは新シリーズとなります。これまでご登壇いただいたみなさま、本当にありがとうございました。

次回300号は、新シリーズの前にちょっと休憩・・・ということで、河村甚&瀬田すみ恵で、これまでの対談を振り返ります。
どうぞお楽しみに♪

 
▽ご感想・ご意見等はこちらまで
tbj@teambuildingjapan.com
 
次回は2019年1月24日のお届けとなります。

…─…─…─…─…─…─…─…─…─…

【転送歓迎】
メルマガの内容がお役に立ちそうな方がいらっしゃいましたら、ぜひ転送して差し上げてください。
【転載歓迎】
「チームビルディングジャパンによると…」と出典を明らかにしてくださいますようお願いいたします。

▼バックナンバーはこちら
teambuildingmagazine.jp/
▼読者登録、配信先変更、(残念ですが)配信停止はこちら
www.teambuildingjapan.com/contactindex/mailmagazine/

Copyright(c)2019 Team Building Japan Co., Ltd. All rights reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行元 (株)チームビルディングジャパン
www.teambuildingjapan.com

〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台2-11-16 さいかち坂ビル403
Tel:03-5577-3938 Fax:03-5577-3987

代 表 取 締 役  河 村 甚
メルマガ編集長  瀬田すみ恵
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【チームビルディングマガジン】チームビルディングは楽じゃない(6)普及のジレンマ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 チームビルディングマガジン
 https://www.teambuildingjapan.com
 298号    2018.12.27
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは。チームビルディングジャパン せたすみえです。

いつもチームビルディングマガジンをお読みいただき、ありがとうございます。
(はじめましての方は、はじめまして*^-^*)

河村甚がゲストをお迎えして対談する『 チームビルディングの話をしよう 』。
飯島邦子さんとの対談をお届けしています。

飯島邦子さんは、PROCESS Laboratory( www.processlabo.com/ )を主宰しつつ、
株式会社ジョイワークス( www.joyworks.co.jp/ )でもコンサルタントとして活躍されています。

チームと人のもつ力を信じる二人の対談。
いよいよラスト2回となりました。どうぞご覧ください。

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 河村甚の『 チームビルディングの話をしよう 』
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

チームビルディングは楽じゃない(6)普及のジレンマ

飯島邦子(以下、くに):
ここのところ取り組んでいる人間関係トレーニングで、それこそ、人と人との関係性とか、氷山の下のプロセスとか、肌で体感して、
これまでの自分を至極恥ずかしいって思っちゃって。
なんていうかなぁ、頭で分かってたつもりだったけど全然分かってなかったんだぁ・・と分かったというか(笑)
でも、そんな自分に気づけたのは、一つ脱した感というか。

河村甚(以下、じん):
脱したのはすごいね! 脱した感を得られない人っていっぱいいる。ただやってるだけでも、なんとなく「やった感」が出るからそこで満足しちゃうんだよね。
くには、どうやって脱したの?

くに:
何かがすごく出来るようになったというより、その壁を抜ける道が見えてきたというか、
あぁ、うまいこと振り返りができなかったな、っていうのをリフレクションしながら繰り返して、よりプロセスに視点を向けて考えるようになって。
なので、今の体験ってこういうことなんだ、っていうのを参加者に認知してもらえるような関わり方が深まってきたかな、って感じてるのが、ここ最近。

↓本文はこちら↓
www.teambuildingjapan.com/column/t098.html?mm

╋━━━━━
■ お知らせ
┗━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【予告】第94回 チームビルディング・カフェ
1/25 対話を通して自分の生き方を”発散”する(仮)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「チームビルディング・カフェ」は、チームビルディングに興味のあるメンバーで集まり、ともに学び合う勉強会です。

今回のプレゼンターは、現役ホームレス医大生(休学中)、チームビルディングジャパンでインターン中の 森太一さんです。
HappyなチームをつくるまえにチームでHappyに働くまえにまず自分はどういう生き方をしてみたいんだっけ?
太一さんの話をきいて、みんなで話し合って考えてみましょう!

お申込は下記のページにて【12/28(金)正午】ご案内開始予定です。どうぞお楽しみに!
www.teambuildingjapan.com/seminar/

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 期間限定!特別価格モニタープログラム募集【75%ゲーム】
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ゲーム形式で楽しみながらも、お互いを知り、新たな一面が発見できるプログラムです。
短時間で、気軽にチームビルディングが行えます。運営者、運営キットを全て揃えてご提供。
当日は、幹事様も参加者の一員としてお楽しみいただけます。
開発して間もない新プログラムのため、期間限定・特別価格でのご案内です!

【こんな方にぴったり!】
● 忘年会や新年会の一部に、参加者同士の懇親を深めるようなコンテンツを入れたい。
● キックオフミーティングで集まる機会に、ちょっとした交流のきっかけをつくりたい。
● 全社会議の合間に参加者がリフレッシュできるような手軽なプログラムを探している。
————————————————————————– 
対象者:企業、団体 (学生不可)
時間:2〜3時間
人数:8〜30名まで(30名以上の場合、応相談)
会場:研修室、バンケットなど
料金:30名様まで一律 80,000+税 (会場費別)
提供時期:2018年12月〜2019年1月末日
提供条件:(1)実施中の写真を今後の資料として使用させていただけること(応相談)。
     (2)実施直後、ご担当者様や参加者様にアンケートのご協力をいただけること。
————————————————————————– 
▽ 詳細・お問い合わせはこちら
www.teambuildingjapan.com/program/event/seventy-five/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【スタッフブログ】スタッフサークル!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
www.teambuildingjapan.com/staffblog/
————————————–
▼ 島根でチームビルディングやります!(安田 有希)
ふるさと島根定住財団さんからオファーをいただき、1月に島根でチームビルディングを実施することが決まりました。
今回は1社が対象ではなく、島根県の様々な組織に属されている方々が集結するそう。
レクチャーや体験を通じて、Happyなチームをつくるヒントを持ち帰っていただきます。
www.teambuildingjapan.com/staffblog/event/shimane.html
————————————–
▼ ファシリテーションとは?(河村 甚)
この記事はファシリテーター Advent Calendarの一環として書いています。
「ファシリテーションとは、コミュニケーションの流れを作ること」です。
ファシリテーションというと、組織の会議のファシリテーションを思い浮かべることが多いかもしれませんが、実際はファシリテーションって会議のためのものだけじゃないんです。
www.teambuildingjapan.com/staffblog/theory/facilitation.html
————————————–
▼ クラウドと働き方と(2)(松澤 拓矢)
先日クラウドの会計ソフトを導入した話を書きましたが、今年はほかにもいくつかの作業をオンライン化しました。
税理士さんの毎月の会計チェック・請求書発行・名刺管理・年末調整
最近は社外のクライアントからもオンラインで打ち合わせを打診されたりすることもちらほら出てきており、だいぶ進んでいるなと実感します。
www.teambuildingjapan.com/staffblog/usually/cloudandwork2.html
————————————–
▼ 誕生日ランチ!(今井 紫園)
今日はじんさんこと、我らの社長の誕生日を祝うためにみんなでオフィス近くのビストロへ「誕生日ランチ」へ行きました♪
久々にみんなでご飯を一緒に食べて楽しかったぁ〜。そして、とても美味しいランチだったので大満足でした。
じんさんへのプレゼントは・・・
www.teambuildingjapan.com/staffblog/usually/birthday.html
————————————–
▼ 心動かす誕生日プレゼント(河村 甚)
しおんのブログでも紹介されていましたが、
誕生日のプレゼントにたくさんの皆さんからのメッセージをもらいました。
今日はこれをもらった側の観点でご紹介したいと思います。
www.teambuildingjapan.com/staffblog/usually/birthday1812jin.html
————————————–

╋━━━━━
■ 編集後記
┗━━━━━

◇再び せたすみえ です。

2018年最後のメールマガジンとなりました。

今年もチームビルディングマガジンをお読みいただき
ありがとうございました。

ひとりでもできるけれど、みんなでやったら、もっといい。

個として自立したメンバーが集まって
チームでプロジェクトに取り組むのがわたしは大好きです。

2019年も、チームビルディングに取り組むみなさまにとって、
ますますよい年になりますように。

▽ご感想・ご意見等はこちらまで
tbj@teambuildingjapan.com

次回は2019年1月10日のお届けとなります。
…─…─…─…─…─…─…─…─…─…

【転送自由】メルマガの内容がお役に立ちそうな方がいらっしゃいましたら、ぜひ転送して差し上げてください。
【転載自由】「チームビルディングジャパンによると…」と出典を明らかにしてくださいますようお願いいたします。

▼バックナンバーはこちら
teambuildingmagazine.jp/
▼読者登録、配信先変更、(残念ですが)配信停止はこちら
www.teambuildingjapan.com/contactindex/mailmagazine/

Copyright(c)2018 Team Building Japan Co., Ltd. All rights reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行元 (株)チームビルディングジャパン
www.teambuildingjapan.com

〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台2-11-16 さいかち坂ビル403
Tel:03-5577-3938 Fax:03-5577-3987

代 表 取 締 役  河 村 甚
メルマガ編集長  瀬田すみ恵
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【チームビルディングマガジン】チームビルディングは楽じゃない(5)チームビルディング・バイブル

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 チームビルディングマガジン
 https://www.teambuildingjapan.com
 297号    2018.12.13
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは。チームビルディングジャパン せたすみえです。

いつもチームビルディングマガジンをお読みいただき、ありがとうございます。
(はじめましての方は、はじめまして*^-^*)

河村甚がゲストをお迎えして対談する『 チームビルディングの話をしよう 』。
飯島邦子さんとの対談をお届けしています。

飯島邦子さんは、PROCESS Laboratory( www.processlabo.com/ )を主宰しつつ、
株式会社ジョイワークス( www.joyworks.co.jp/ )でもコンサルタントとして活躍されています。

チームと人のもつ力を信じる二人の対談。今回もどうぞご覧ください。

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 河村甚の『 チームビルディングの話をしよう 』
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

チームビルディングは楽じゃない(5)チームビルディング・バイブル

飯島邦子(以下、くに):意思をもって”広める”って、ファシリタティブにやるのが難しくないですか?
  なんか恣意的に引っ張る感じがあるような・・・。

河村甚(以下、じん):それは引っ張っていいんじゃないかと思うよ。

くに:引っ張っていい?

じん:うん、そこに「引っ張っていく意志」があるんだったらね。
  つまり、明確に実現したいことがあって、それがある環境においての一つの正解なら、
  それを伝え広めていくためには、ピラミッド型で引っ張っていい、と思うわけですよ。

↓本文はこちら↓
www.teambuildingjapan.com/column/t097.html?mm

╋━━━━━
■ お知らせ
┗━━━━━
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 期間限定!特別価格モニタープログラム募集【75%ゲーム】
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ゲーム形式で楽しみながらも、お互いを知り、新たな一面が発見できるプログラムです。
短時間で、気軽にチームビルディングが行えます。運営者、運営キットを全て揃えてご提供。
当日は、幹事様も参加者の一員としてお楽しみいただけます。
開発して間もない新プログラムのため、期間限定・特別価格でのご案内です!

【こんな方にぴったり!】
● 忘年会や新年会の一部に、参加者同士の懇親を深めるようなコンテンツを入れたい。
● キックオフミーティングで集まる機会に、ちょっとした交流のきっかけをつくりたい。
● 全社会議の合間に参加者がリフレッシュできるような手軽なプログラムを探している。
————————————————————————– 
対象者:企業、団体 (学生不可)
時間:2〜3時間
人数:8〜30名まで(30名以上の場合、応相談)
会場:研修室、バンケットなど
料金:30名様まで一律 80,000+税 (会場費別)
提供時期:2018年12月〜2019年1月末日
提供条件:(1)実施中の写真を今後の資料として使用させていただけること(応相談)。
     (2)実施直後、ご担当者様や参加者様にアンケートのご協力をいただけること。
————————————————————————– 
▽ 詳細・お問い合わせはこちら
www.teambuildingjapan.com/program/event/seventy-five/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【スタッフブログ】スタッフサークル!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
www.teambuildingjapan.com/staffblog/
————————————–
▼ 毎年の(日比 千里)
先日、オフィスに嬉しい贈り物が届きました!(^^)!
この時期になると、じんさんの奥様のご実家から毎年おいしい柿をいただいています。
同じ種類の柿でも、スーパーで買うものより断然おいしい!!
www.teambuildingjapan.com/staffblog/usually/kaki.html
————————————–
▼ 【レポート】チームビルディングを阻む「隠れたブレーキ」とは?(菅谷 宏一)
11月28日(金)に開かれたTBJの公開勉強会「チームビルディング・カフェ」についておすそ分けしたいと思います。
・今回のテーマは、チームビルディングを阻む「隠れたブレーキ」とは?
・コーディネーター菅谷の感想
・次回、1月25日(金)のチームビルディング・カフェは?
www.teambuildingjapan.com/staffblog/event/tbcafe093.html
————————————–

╋━━━━━
■ 編集後記
┗━━━━━

◇再び せたすみえ です。

早いもので師走。今年もあと半月となりました。
忘年会シーズンですね〜。

忘年会や新年会など、組織のメンバーが一堂に会する機会を
ただの飲み会で終わらせず、何かひとネタできたらいいな・・・とお考えの幹事の方!

【75%ゲーム】プログラムのモニターを募集しています。
www.teambuildingjapan.com/program/event/seventy-five/ 

期間限定の特別価格です。
ご興味がありましたら、ぜひ気軽にお問い合わせください。

▽ご感想・ご意見等はこちらまで
tbj@teambuildingjapan.com

次回は2018年12月27日のお届けとなります。
…─…─…─…─…─…─…─…─…─…

【転送自由】メルマガの内容がお役に立ちそうな方がいらっしゃいましたら、ぜひ転送して差し上げてください。
【転載自由】「チームビルディングジャパンによると…」と出典を明らかにしてくださいますようお願いいたします。

▼バックナンバーはこちら
teambuildingmagazine.jp/
▼読者登録、配信先変更、(残念ですが)配信停止はこちら
www.teambuildingjapan.com/contactindex/mailmagazine/

Copyright(c)2018 Team Building Japan Co., Ltd. All rights reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行元 (株)チームビルディングジャパン
www.teambuildingjapan.com

〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台2-11-16 さいかち坂ビル403
Tel:03-5577-3938 Fax:03-5577-3987

代 表 取 締 役  河 村 甚
メルマガ編集長  瀬田すみ恵
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【チームビルディングマガジン】チームビルディングは楽じゃない(4)チームビルディングを伝え広める

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 チームビルディングマガジン
 https://www.teambuildingjapan.com
 296号    2018.11.29
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは。チームビルディングジャパン せたすみえです。

いつもチームビルディングマガジンをお読みいただき、ありがとうございます。
(はじめましての方は、はじめまして*^-^*)

河村甚がゲストをお迎えして対談する『 チームビルディングの話をしよう 』。
飯島邦子さんとの対談をお届けしています。

飯島邦子さんは、PROCESS Laboratory( www.processlabo.com/ )を主宰しつつ、
株式会社ジョイワークス( www.joyworks.co.jp/ )でもコンサルタントとして活躍されています。

チームと人のもつ力を信じる二人の対談。今回もどうぞご覧ください。

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 河村甚の『 チームビルディングの話をしよう 』
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

チームビルディングは楽じゃない(4)チームビルディングを伝え広める

河村甚(以下、じん):チームビルディングの要素の一つが「組織の土壌を作ること」。組織の土壌作りには、
メンバーが主体的であること、多様性と受け入れ合い(ダイバーシティ&インクルージョン)、心理的安全性の3つが必要。
さっき くにが話していたことは、この「心理的安全性」につながると思う。

飯島邦子(以下、くに):うん、そう思います。
心理的安全性って、ただ受け止め合うだけじゃなくて、ある意味ヒヤっとするくらいの”突っ込んだ”ところまで言っても大丈夫ってことだよね(笑)。

じん:うん。心理的に安心な状態で、突っ込んで話し合える土壌があるかどうかということは、組織作りがうまくいくかどうかに大きく影響する。
組織の土壌がどういう状態かについても、常に気をつけておく必要がある。「うちの土壌、この辺で汚染が始まってるな」とかね。

くに:その汚染の変化に気づくことがチームビルディングのスタートかもね。

↓本文はこちら↓
www.teambuildingjapan.com/column/t096.html?mm

╋━━━━━
■ お知らせ
┗━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【スタッフブログ】スタッフサークル!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
www.teambuildingjapan.com/staffblog/
————————————–
▼ アクティビティの安全管理(松澤 拓矢)
今日は安全の視点について書こうと思います。
チームビルディングジャパンのプログラムではアクティビティと呼んでいる、体を動かすプログラムを行っています。
体を動かすときには、どうしても怪我をする可能性も出てきます。
過去の経験も踏まえ、チームビルディングジャパンではプログラムを実施する前には「危険予知」を、終わった後には「安全振り返り」をこんなシートを見ながらしています。
www.teambuildingjapan.com/staffblog/theory/safety.html
————————————–
▼ しおんのお勧め本(今井 紫園)
常日頃からチームビルディングについて考えている私ですが、もともとはチームで働くことが得意ではありませんでした

そんな私の気持ちを楽にしてくれた本をご紹介します。
ご存知の方も多いと思いますが、「著書 佐々木圭一の伝え方が9割」です。
www.teambuildingjapan.com/staffblog/usually/my-recommendation.html
————————————–
▼ 氷点下キャンプ(河村 甚)
この週末、キャンプ行って来ました。群馬県のみなかみへ!
夜はなんと氷点下!寒いけどキャンプは楽しいですね〜
寒ければ暖をとる術を取るし、風が吹けば風を避ける術を取る。
人が生きる上で最低限の当たり前のことを確保するために手間ひまかける贅沢な遊び。
www.teambuildingjapan.com/staffblog/usually/camp1.html
————————————–

╋━━━━━
■ 編集後記
┗━━━━━

◇再び せたすみえ です。

 じんさんは、広める意志を持って、他動詞的に「広めて」いこうとしている。
 くにさんは、組織の中で自動詞的に「広まって」いくことの大切さを考えている。
 でも目指すところは同じ。

今回の対談でくにさんが話されていた中で印象に残った言葉の一つが、
他動詞「広める」と自動詞「広まる」の違いです。

これまでファシリテーションを「広める」活動にも携わり、
普及のジレンマを感じてきた くにさんだからこそ、
言葉に重みと深みがあります。

わたし自身も、価値ある考え方・やり方が広まりやすい場(状態)をつくるには
どうしたらいいのかと考えているところでしたので、おおいに刺激を受けました。

続きも楽しみです。

▽ご感想・ご意見等はこちらまで
tbj@teambuildingjapan.com

次回は2018年12月13日のお届けとなります。
…─…─…─…─…─…─…─…─…─…

【転送自由】メルマガの内容がお役に立ちそうな方がいらっしゃいましたら、ぜひ転送して差し上げてください。
【転載自由】「チームビルディングジャパンによると…」と出典を明らかにしてくださいますようお願いいたします。

▼バックナンバーはこちら
teambuildingmagazine.jp/
▼読者登録、配信先変更、(残念ですが)配信停止はこちら
www.teambuildingjapan.com/contactindex/mailmagazine/

Copyright(c)2018 Team Building Japan Co., Ltd. All rights reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行元 (株)チームビルディングジャパン
www.teambuildingjapan.com

〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台2-11-16 さいかち坂ビル403
Tel:03-5577-3938 Fax:03-5577-3987

代 表 取 締 役  河 村 甚
メルマガ編集長  瀬田すみ恵
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【チームビルディングマガジン】チームビルディングは楽じゃない(3)フラット型組織とピラミッド型組織

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 チームビルディングマガジン
 https://www.teambuildingjapan.com
 295号    2018.11.15
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは。チームビルディングジャパン せたすみえです。

いつもチームビルディングマガジンをお読みいただき、ありがとうございます。
(はじめましての方は、はじめまして*^-^*)

河村甚がゲストをお迎えして対談する『 チームビルディングの話をしよう 』。
飯島邦子さんとの対談をお届けしています。

飯島邦子さんは、PROCESS Laboratory( www.processlabo.com/ )を主宰しつつ、
株式会社ジョイワークス( www.joyworks.co.jp/ )でもコンサルタントとして活躍されています。

今回は、ピラミッド型組織を機能させるためのフラット型の組織の導入について
話が広がりました。

チームと人のもつ力を信じる二人の対談。今回もどうぞご覧ください。

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 河村甚の『 チームビルディングの話をしよう 』
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

チームビルディングは楽じゃない(3)フラット型組織とピラミッド型組織

河村甚(以下、じん):前回、「ピラミッド型の組織のうまくいかないところを機能させるには、どうしたらよいか」という話が出ましたが、
これは、ピラミッド型の中にフラット型の要素を取り込んでいくことで、様々な欠点を排除することができます。

飯島邦子(以下、くに):課長の下はフラットにするとか、そういうことですね。

じん:最小組織単位ごとにフラットなコミュニケーションがとれるようにしていくとか、全体にフラットな場にするとか、いろんなフラット部分とピラミッド部分をうまく使い分けてやっていくのが有効だと思う。

↓本文はこちら↓
www.teambuildingjapan.com/column/t095.html?mm

╋━━━━━
■ お知らせ
┗━━━━━

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 第93回 チームビルディング・カフェ
 チームビルディングを阻む「隠れたブレーキ」とは?
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「チームビルディング・カフェ」は、チームビルディングに興味のあるメンバーで集まり、ともに学び合う勉強会です。
今回は、昨年5月の第83回の『非構成の場「円坐」から学ぶ沈黙と内省のディープ・チームビルディング』で話題提供してくれた中尾 聡志(さとし)さんがゲストで再登場してくれます。
チームビルディングを阻む「隠れたブレーキ」について考えてみませんか?

【こんな方をお待ちしています!】
・チームビルディングや組織開発に興味・関心のある方、困っている方
・チームビルディングや組織開発でチャレンジしたい、相談したいことのある方
・Happyな働く場づくりに取り組んでいる方

————————————————————————– 
【日時】2018年11月28日(水)19:00〜21:00 
【場所】チームビルディングジャパン オフィス https://www.teambuildingjapan.com/company/access/ 
【定員】12名程度 (先着順)
【参加費】無料
【ゲスト】中尾 聡志さん (Ordinary World 代表 ファシリテーター・円坐守人)
————————————————————————– 
▽ 詳細・お申込はこちら
www.teambuildingjapan.com/workshop/c093

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【スタッフブログ】スタッフサークル!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
www.teambuildingjapan.com/staffblog/
————————————–
▼ 【レポート】他者を ”感じる” チームリフレクション(菅谷 宏一)
今回は11月28日(金)に開かれたTBJの公開勉強会「チームビルディング・カフェ」についておすそ分けしたいと思います。
・今回のテーマは「他者を ”感じる” チームリフレクション」!
・コーディネーター菅谷の感想
・次回、11月28日(水)のチームビルディング・カフェは?
www.teambuildingjapan.com/staffblog/event/tbcafe092.html
————————————–
▼ 飲み会とチームビルディングイベントの違い(安田 有希)
親睦を深めるなら、飲み会や社員旅行でいいんじゃないの?
チームビルディングの認知度は上がってきましたが、昔からある行事に比べ、具体的にどんなことをするのかイメージしにくいかと思います。
そこで今回は、”チームビルディングイベント”と”飲み会”の違いにフォーカスして、どんな工夫をしているのか、どんなメリットがあるのかをご紹介します。
www.teambuildingjapan.com/staffblog/program/event.html
————————————–

╋━━━━━
■ 編集後記
┗━━━━━

◇再び せたすみえ です。

すっかり秋。日が暮れるのが早くなりましたね。
仕事が終わると外は真っ暗ということも多く、ちょっと寂しい気持ちになることも。

でも、おかげで“夜”が長い。

本を読んだり、ゆったりと食事をしたり、お風呂に入ったり・・・
エネルギッシュだった夏から、少しペースを落として
来たる冬に向けて心と体の準備をしている感じ。

みんなで過ごす時間も楽しいですが、
ひとりの時間や、ふたりや少人数でゆったりと静かに語り合う時間も好きです。

▽ご感想・ご意見等はこちらまで
tbj@teambuildingjapan.com

次回は2018年11月29日のお届けとなります。
…─…─…─…─…─…─…─…─…─…

【転送自由】メルマガの内容がお役に立ちそうな方がいらっしゃいましたら、ぜひ転送して差し上げてください。
【転載自由】「チームビルディングジャパンによると…」と出典を明らかにしてくださいますようお願いいたします。

▼バックナンバーはこちら
teambuildingmagazine.jp/
▼読者登録、配信先変更、(残念ですが)配信停止はこちら
www.teambuildingjapan.com/contactindex/mailmagazine/

Copyright(c)2018 Team Building Japan Co., Ltd. All rights reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行元 (株)チームビルディングジャパン
www.teambuildingjapan.com

〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台2-11-16 さいかち坂ビル403
Tel:03-5577-3938 Fax:03-5577-3987

代 表 取 締 役  河 村 甚
メルマガ編集長  瀬田すみ恵
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【チームビルディングマガジン】チームビルディングは楽じゃない(2)組織の上の人の難しさと下の人の難しさ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 チームビルディングマガジン
 https://www.teambuildingjapan.com
 294号    2018.11.1
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは。チームビルディングジャパン せたすみえです。

いつもチームビルディングマガジンをお読みいただき、ありがとうございます。
(はじめましての方は、はじめまして*^-^*)

河村甚がゲストをお迎えして対談する『 チームビルディングの話をしよう 』。
飯島邦子さんとの対談をお届けしています。

飯島邦子さんは、PROCESS Laboratory( www.processlabo.com/ )を主宰しつつ、
株式会社ジョイワークス( www.joyworks.co.jp/ )でもコンサルタントとして活躍されています。

チームと人のもつ力を信じる二人の対談。今回もどうぞご覧ください。

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 河村甚の『 チームビルディングの話をしよう 』
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

チームビルディングは楽じゃない(2)組織の上の人の難しさと下の人の難しさ

飯島邦子(以下、くに):前回、ミドル層からトップに働きかけていこう、という話をしましたが、正直いうと、実は下から上への働きかけはすこぶる難しいと思っているんです。
働きかけは上から行う、もしくは下が上に働きかけられる環境(=ものが言える状態)を上が先につくるのが肝かなぁ・・・と。
私とボスの関係はものが言える状態でした。だから私から「ファシリテーションっていうのがあってね」という進言ができた。でも、ボスとその上の経営層は、ものが言える関係ではなかったんですよね。

河村甚(以下、じん):なるほど。
組織のトップの人の悩みとしてよく聞くのは、「思うようにみんな動いてくれていない」ということ。
「こういう風に組織をしていきたい」「こういう結果を出していきたい」
「それなのに、どうしてうちのみんなはできないんだろう」「どうしたらできるようになるのか」トップはそう思っている。
ミドルの人がトップの人を変えるためには、自分がトップの人の観点で見ることができないと難しいと思う。

くに:難しいですよね。ミドルがトップ(経営)の視点を持つことは、なかなかできないですよね。
どうしても自分ところだけ、個別最適しようとしちゃう。さらには、その横で競争が起こったりすると余計に協力しようとしないから・・・。
でもそれは、一生懸命に仕事するからこそだと思います。

↓本文はこちら↓
www.teambuildingjapan.com/column/t094.html?mm

╋━━━━━
■ お知らせ
┗━━━━━

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 第93回 チームビルディング・カフェ
 チームビルディングを阻む「隠れたブレーキ」とは?
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「チームビルディング・カフェ」は、チームビルディングに興味のあるメンバーで集まり、ともに学び合う勉強会です。
今回は、昨年5月の第83回の『非構成の場「円坐」から学ぶ沈黙と内省のディープ・チームビルディング』で話題提供してくれた中尾 聡志(さとし)さんがゲストで再登場してくれます。
チームビルディングを阻む「隠れたブレーキ」について考えてみませんか?

【こんな方をお待ちしています!】
・チームビルディングや組織開発に興味・関心のある方、困っている方
・チームビルディングや組織開発でチャレンジしたい、相談したいことのある方
・Happyな働く場づくりに取り組んでいる方

————————————————————————– 
【日時】2018年11月28日(水)19:00〜21:00 
【場所】チームビルディングジャパン オフィス https://www.teambuildingjapan.com/company/access/ 
【定員】12名程度 (先着順)
【参加費】無料
【ゲスト】中尾 聡志さん (Ordinary World 代表 ファシリテーター・円坐守人)
————————————————————————– 
▽ 詳細・お申込はこちら
www.teambuildingjapan.com/workshop/c093

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【スタッフブログ】スタッフサークル!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
www.teambuildingjapan.com/staffblog/
————————————–
▼ 楽しむのではなくて・・・(今井 紫園)
www.teambuildingjapan.com/staffblog/usually/enjoy.html
私は映画を観るのが趣味で少なくとも月に5、6本は観ています。
映画を観るとき、監督で作品を選ぶ人も多いですが、私は出演者で選んでいます。中でも大好きな女優さんは「樹木希林」でした。
演技だけでなく、生き方や残した言葉ひとつひとつに魅力のある女優さんだったなと感じています。いまだに「樹木希林ロス」の私・・・。
彼女が残した言葉で紹介したいものがいくつもありますが、その中からひとつ紹介します。
————————————–
▼ チームビルディングの相談で多いお悩みごと(安田 有希)
www.teambuildingjapan.com/staffblog/usually/sodan.html
チームビルディングジャパンのコーディネーターとは、どんな仕事なのか?
TBJはリピートのお客様以外、ホームページからと電話のお問い合わせがほぼ。
そのお問い合わせから実際のお仕事までコーディネートするのが、コーディネーターの役割のひとつです。
この仕事をしていて、はじめて相談する時って躊躇することも多いのかな?と思い、ちょっとその様子について書いてみます
————————————–
▼ 支える人を支える(日比 千里)
www.teambuildingjapan.com/staffblog/usually/coordinator2.html
ゆきちゃん(安田有希)がコーディネーターの仕事について紹介していました。
今回は、それに乗っかってコーディネーターのお仕事の続きをご紹介します。
お問合せから、実際にチームビルディングの研修・イベントをやろう!となった後、
当日までの準備や当日の裏方役を担うのもコーディネーターの重要な仕事です。
————————————–

╋━━━━━
■ 編集後記
┗━━━━━

◇再び せたすみえ です。

昨日は、チームビルディングジャパン9月・10月生まれのメンバーの誕生日会でした。

東京ドームホテルのレストランで、みんなでランチビュッフェ♪
バースデーケーキを食べ、バースデーソングを歌ってお祝いしてもらいました。

食事の後は、ゲーム『66.666%ゲーム 誕生日ver.』!

「誕生日3人チームの66.666%の人(3人中2人)が
 当てはまるお題を考え、より多くの得点を獲得せよ!」

誕生日メンバーのことをもっと知ろう・・・という企画です。

結果は、百点満点中、見事80点を叩き出しました。

参加したメンバーからも「みんなの新たな一面をゲーム形式で知ることができて楽しかった」と好評でした。
誕生日企画をしてくださったみなさん、ありがとうございました。

このゲームは誕生日祝い以外でも実施できます。
元々は『75%ゲーム』といい、コツを押さえればどなたでも運営可能です。
チームワークプラス(TW+)で今後販売予定ですので、ご期待ください♪

▽ご感想・ご意見等はこちらまで
tbj@teambuildingjapan.com

次回は2018年11月15日のお届けとなります。
…─…─…─…─…─…─…─…─…─…

【転送自由】メルマガの内容がお役に立ちそうな方がいらっしゃいましたら、ぜひ転送して差し上げてください。
【転載自由】「チームビルディングジャパンによると…」と出典を明らかにしてくださいますようお願いいたします。

▼バックナンバーはこちら
teambuildingmagazine.jp/
▼読者登録、配信先変更、(残念ですが)配信停止はこちら
www.teambuildingjapan.com/contactindex/mailmagazine/

Copyright(c)2018 Team Building Japan Co., Ltd. All rights reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行元 (株)チームビルディングジャパン
www.teambuildingjapan.com

〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台2-11-16 さいかち坂ビル403
Tel:03-5577-3938 Fax:03-5577-3987

代 表 取 締 役  河 村 甚
メルマガ編集長  瀬田すみ恵
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【チームビルディングマガジン】チームビルディングは楽じゃない(1)チームビルディングとの出会い

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 チームビルディングマガジン
 https://www.teambuildingjapan.com
 293号    2018.10.18
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは。チームビルディングジャパン せたすみえです。

いつもチームビルディングマガジンをお読みいただき、ありがとうございます。
(はじめましての方は、はじめまして*^-^*)

河村甚がゲストをお迎えして対談する『 チームビルディングの話をしよう 』。

今号からは、飯島邦子さんとの対談をお届けします。

飯島邦子さんは、PROCESS Laboratory( www.processlabo.com/ )を主宰しつつ、
株式会社ジョイワークス( www.joyworks.co.jp/ )でもコンサルタントとして活躍されています。

チームと人のもつ力を信じる二人の対談。どうぞご覧ください。

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 河村甚の『 チームビルディングの話をしよう 』
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

河村甚(以下、じん):
我々のそもそもの出会いは、2011年だったかな?
日本ファシリテーション協会(FAJ)での「チームち〜む」合宿でしたね。

飯島邦子(以下、くに):
「チームち〜む」で企画した『チームについてチームで考える 〜体験と対話で学ぶチームビルディング合宿〜』に、
じんさんにファシリテーターとして来てもらったんですよね。
その後は、“チームビルディング・カフェ”に通わせてもらったり、一緒に飲みに行ったり・・・って感じですね。

じん:
くにはFAJで運営とか企画チームのチームビルディングを、リアルに頑張ってるよね。
まずは自己紹介をお願いできますか。

くに:
はい。先ほど話題にあがった「チームち〜む」にもつながるのですが、FAJに入会した頃は、
ベンチャー企業の情報システム部門でプロジェクトマネジメント的な仕事をしていました。

↓本文はこちら↓
www.teambuildingjapan.com/column/t093.html?mm

╋━━━━━
■ お知らせ
┗━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第92回 チームビルディング・カフェ
10/26 他者を ”感じる” チームリフレクション
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「チームビルディング・カフェ」は
チームビルディングに興味のあるメンバーで集まりともに学び合う勉強会です。

今回は、他者を “感じる” チームリフレクション。
シゲオさん、JOUさんのお二人のファシリテーションで
身体表現を用いて、自分の他者との関わり方を振り返ります。

自分の感受性に目を向けて、自分自身がチームをよりよくしていく
きっかけになってみませんか?

【ワークショップの内容】
・自分の内面の身体感覚をツールとして使うことで取り出してみます。
・テーマを体で表現して、自分と向き合い、他者との関わり方を振り返ります。
 
【プログラムの流れイメージ】
・自分のチームについて課題を持ち寄る
・質問によってイメージ化して共有する
・体で感じて自分が内面に下りる
・内面を表現する
・他者の表現をみて
・その影響を見る
・感じていることをリフレクション

【こんな人に参加してほしい】
・自分のチームがうまく回っていない
・職場でなんかモヤモヤする
・コミュニケーションのギャップを感じている
・自分の思っていることを人に言えない、又は、言わない
・自分の関わり方を変えてみたい
…─…─…─…─…─…─…─…──…─…─…─…─…─…─…─…
【日時】2018年10月26日(金)19:00〜21:00 ※終了後に懇親会を予定
【場所】チームビルディングジャパン オフィス
www.teambuildingjapan.com/company/access/
【定員】8名 (先着順)
【参加費】無料
【話題提供者・ファシリテーター】
・シゲオ(ワークショップデザイナー、中小企業診断士)
・JOU(コンテンポラリーダンス作家、武蔵野美術大学映像学科非常勤講師)
…─…─…─…─…─…─…─…──…─…─…─…─…─…─…─…
▽詳細・お申込
www.teambuildingjapan.com/workshop/c092

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【スタッフブログ】スタッフサークル!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
www.teambuildingjapan.com/staffblog/
————————————–
▼ 会議から始めるチームビルディング・ケーススタディ(菅谷 宏一)
www.teambuildingjapan.com/staffblog/event/tbcafe091.html
9/28(金)に開かれたTBJの公開ワークショップ「チームビルディング・カフェ」。
今回のテーマは「会議から始めるチームビルディング・ケーススタディ」
制作会社で取締役をしているさわでぃから、
会社でチャレンジしている会議でのチームビルディングについて話題提供していただき、
私たちの働く場をHappyにする会議の取り組みについて考えてみました!
————————————–
▼ 変なテーブル?(河村 甚)
www.teambuildingjapan.com/staffblog/theory/tables.html
今日の研修会場のテーブルはこんな感じ。マガタマ型で、2つ合わせると丸くなるタイプ。
コの字やロの字で会議しようとしたり、スクールスタイルでもちょっと使いづらさを感じるかもしれないこのカタチ。
でも、制約に縛られずアイデアを出し合ったり、格式張らない自由な話し合いの場などにはピッタリ。
やはりテーブルがピシッと硬く、縦横まっすぐだと、話し合いも硬くなりやすく、柔らかな曲線の方が柔らかい話し合いになりやすいです。
————————————–
▼ バブルの塔の学びのかたち(松澤 拓矢)
www.teambuildingjapan.com/staffblog/program/towerofbubble.html
先週末はバブルの塔のプログラムを実施してきました。
通常は以下の学びが起きるものとして、ご提案をしています。
・社員同士の親睦を深める。
・目標やゴールを共有することの重要性を学ぶ。
・チーム内での役割分担、トラブルシューティングについての気づきを得る。
しかし、当日起こることによっては、全く違う学びが起こるのも体験学習です。
先週末のプログラムで起こった学びは、既成概念や思い込みによって行動を制限していたことに気づくというものでした。
————————————–

╋━━━━━
■ 編集後記
┗━━━━━

◇再び せたすみえ です。

飯島邦子(くに)さんが対談に来てくださいました。

日本ファシリテーション協会(FAJ)で
ファシリテーションの普及に尽力されている、くにさん。

「チームビルディングジャパンの
チームビルディングを社会に広めたい」と考えるじんさんと

普及のジレンマについての話題で盛り上がったのが、
今回、対談をお願いしたきっかけでした。

実は、301号以降は河村甚のコラムとなるため、
このように対談者を招く形式で『チームビルディングの話をしよう』をお送りするのは、
くにさんが最後となります。

最後まで、どうぞお楽しみに。

▽ご感想・ご意見等はこちらまで
tbj@teambuildingjapan.com

次回は2018年11月1日のお届けとなります。
…─…─…─…─…─…─…─…─…─…

【転送自由】メルマガの内容がお役に立ちそうな方がいらっしゃいましたら、ぜひ転送して差し上げてください。
【転載自由】「チームビルディングジャパンによると…」と出典を明らかにしてくださいますようお願いいたします。

▼バックナンバーはこちら
teambuildingmagazine.jp/
▼読者登録、配信先変更、(残念ですが)配信停止はこちら
www.teambuildingjapan.com/contactindex/mailmagazine/

Copyright(c)2018 Team Building Japan Co., Ltd. All rights reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行元 (株)チームビルディングジャパン
www.teambuildingjapan.com

〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台2-11-16 さいかち坂ビル403
Tel:03-5577-3938 Fax:03-5577-3987

代 表 取 締 役  河 村 甚
メルマガ編集長  瀬田すみ恵
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【チームビルディングマガジン】組織として学び、進化し続けるということ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 チームビルディングマガジン
 https://www.teambuildingjapan.com
 292号    2018.10.4
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは。チームビルディングジャパン せたすみえです。

いつもチームビルディングマガジンをお読みいただき、ありがとうございます。
(はじめましての方は、はじめまして*^-^*)

『 チームビルディングの話をしよう 』。

対談と対談の間の今回は、河村甚コラムです。

組織として学び、進化し続けるために必要な4種類の行動について
河村が解説します。どうぞご覧ください。

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 河村甚の『 チームビルディングの話をしよう 』
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 「組織として学び、進化し続けるということ」

組織として学び、進化し続けるためには、以下の4種類の行動が必要になります。

●混ざり合い
●失敗や異色な発想を受け入れる
●行動量、コミュニケーション量
●リフレクション

これにより、組織として学び、進化し続けることができます。
では、一つずつ見ていきましょう。

↓本文はこちら↓
www.teambuildingjapan.com/column/t092.html?mm

╋━━━━━
■ お知らせ
┗━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【スタッフブログ】スタッフサークル!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
www.teambuildingjapan.com/staffblog/
————————————–
▼ 「チームビルディングがんばろ♪」と元気をもらえるチームビルディング・カフェ(菅谷 宏一)
www.teambuildingjapan.com/staffblog/event/tbcafe-philosophy.html
今回はTBJの公開ワークショップ「チームビルディング・カフェ」について思うところを書いてみたいと思います。
・なんでチームビルディング・カフェを開いているの?
・9月28日(金)のチームビルディング・カフェは?
————————————–
▼ やんばるファシリテーター育成(河村 甚)
www.teambuildingjapan.com/staffblog/program/facilitatortraining.html
今、沖縄北部にチームビルディング ファシリテーターのトレーニングに来ています。今日はその2日目。
このあたりは自然豊かで、観光客も少なく、とてもいいところ。
体験と対話を使ったプログラムで学びや気づきを生み出す方法について、実際に体験しながら学ぶトレーニングです。
————————————–
▼ 得意なことの合わせ技(日比 千里)
www.teambuildingjapan.com/staffblog/usually/180930three.html
先日、営業用の資料を作成しました。1人ではなく、3人で。
というのも、元々は営業の安田(ゆきちゃん)が「もっとTBJのチームビルディングを分かりやすく伝えられる資料が作りたい!」という強い想いを持っていて、私はそれに誘われる形で作成に関わりました。
今回の作成の過程は、まさに各メンバーの得意なことの合わせ技でした。
————————————–

╋━━━━━
■ 編集後記
┗━━━━━

◇再び せたすみえ です。

秋らしい風が吹くようになりました。

涼しい日が続いたかと思うと、気温が30℃近くまで上がることもあり
体調管理が難しい季節ですね。

梨、桃、葡萄。美味しいフルーツを食べたり、
積ん読状態になっていた本を読んだりして

体と心に栄養を与え、充電しています。

さて、河村甚の『 チームビルディングの話をしよう 』。

次回からは、組織開発ファシリテーターの
飯島邦子さんをお迎えし、河村との対談をお届けいたします。

どうぞお楽しみに。

▽ご感想・ご意見等はこちらまで
tbj@teambuildingjapan.com

次回は2018年10月18日のお届けとなります。
…─…─…─…─…─…─…─…─…─…

【転送自由】メルマガの内容がお役に立ちそうな方がいらっしゃいましたら、ぜひ転送して差し上げてください。
【転載自由】「チームビルディングジャパンによると…」と出典を明らかにしてくださいますようお願いいたします。

▼バックナンバーはこちら
teambuildingmagazine.jp/
▼読者登録、配信先変更、(残念ですが)配信停止はこちら
www.teambuildingjapan.com/contactindex/mailmagazine/

Copyright(c)2018 Team Building Japan Co., Ltd. All rights reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行元 (株)チームビルディングジャパン
www.teambuildingjapan.com

〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台2-11-16 さいかち坂ビル403
Tel:03-5577-3938 Fax:03-5577-3987

代 表 取 締 役  河 村 甚
メルマガ編集長  瀬田すみ恵
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━